図説 図書館の歴史

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 396p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784562047444
  • NDC分類 010.2
  • Cコード C0022

出版社内容情報

古代アッシリア帝国の粘土板から羊皮紙、そして複製可能な印刷物にいたるまで、古今東西の「知の集積と共有」の歴史。
いかにして生まれ、さまざまな時代にどう受け継がれていったかを、多くの図版とともに紹介。
日本の国立国会図書館をはじめ、世界の図書館案内も付録。

内容説明

古代の粘土板から羊皮紙、印刷物、そして現代の情報デジタル化まで。200点にのぼる多彩な図版とともに、図書館5000年の歩みをたどる。日本の国立国会図書館をはじめ、50を超える世界の図書館案内も付録。

目次

第1章 古代の図書館
第2章 中世ヨーロッパの図書館
第3章 アジアとイスラーム
第4章 ヨーロッパの中世盛期
第5章 ルネサンスと宗教改革
第6章 啓典の民
第7章 戦争と黄金時代
第8章 北アメリカの植民地の図書館
第9章 黎明期アメリカ合衆国の図書館
第10章 図書館運動
第11章 知識の整理
第12章 図書館、図書館員、メディアセンター

著者等紹介

マレー,スチュアート・A.P.[マレー,スチュアートA.P.][Murray,Stuart A.P.]
歴史ノンフィクション作家。アメリカ独立革命、南北戦争、ベトナム戦争などアメリカ史をテーマに、著書は30作以上

日暮雅通[ヒグラシマサミチ]
1954年生まれ。英米翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。