電力システム改革の検証―開かれた議論と国民の選択のために

個数:
  • ポイントキャンペーン

電力システム改革の検証―開かれた議論と国民の選択のために

  • ウェブストアに8冊在庫がございます。(2016年12月10日 10時00分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 168p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784561860495
  • NDC分類 540.921

内容説明

東日本大震災による福島第一原子力発電所の事故から4年。まだ、解決の筋道は見えない中、電力システム改革が検討され、実行されようとしている。本書は、日本国民がこれまで知らないで済ませてきた「電力」というものの特徴を分かりやすく解説し、電力システム改革をきちんと議論できるような基礎知識を与えてくれる。再生可能エネルギー、競争の姿と消費者保護、容量メカニズム…。今後何をどうしていくのか、まずは正しい理解の上で判断し、選択していくことが重要だ。

目次

第1章 電力システム改革をめぐる議論
第2章 発送電法的分離とは何か
第3章 小売全面自由化とは何か
第4章 供給力確保と容量市場
第5章 ドイツのエネルギー政策の理想と現実―自由化・再エネ・脱原発
第6章 電力新技術とその仕組み
第7章 原子力発電とシステム改革

著者紹介

山内弘隆[ヤマウチヒロタカ]
慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程単位取得退学。一橋大学大学院商学研究科教授

澤昭裕[サワアキヒロ]
プリンストン大学ウッドローウィルソン行政大学院修了、行政学修士。NPO法人国際環境経済研究所所長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

本書は、われわれがこれまで知らないで済ませてきた「電力」というものの特徴を分かりやすく解説し、容量メカニズム、消費者保護、再生可能エネルギーなど、実りある電力システム改革の議論の前提となる基礎知識を与えてくれる。