LGBTの子どもに寄り添うための本―カミングアウトから始まる日常に向き合うQ&A

個数:

LGBTの子どもに寄り添うための本―カミングアウトから始まる日常に向き合うQ&A

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年10月16日 02時46分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 214p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784561510932
  • NDC分類 367.9
  • Cコード C3036

内容説明

ゲイの子どもにとって、家族へのカミングアウトは人生の一大事だと言えます。親であるあなたにとっても、それは重要な出来事となるでしょう。聞きたいこと、話し合いたいことが山ほど出てくるかもしれません。そんな状況の中でも、理解を深め、効果的なコミュニケーションをとるためにはどうしたらいいのでしょう?本書は、子どもがカミングアウトしたときに家族が直面するさまざまな問題に対処し、あなたとあなたの子どもが互いに支え合うオープンな関係を続けていくためのガイドブックです。

目次

第1章 子どものカミングアウト
第2章 親としての最初の反応
第3章 誰に話すか
第4章 子どもの将来
第5章 性教育について
第6章 信仰との関係
第7章 ジェンダー・アイデンティティ
第8章 子どもを支えていくために

著者等紹介

オウェンズ=リード,ダニエル[オウェンズリード,ダニエル] [Owens‐Reid,Dannielle]
レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、ジェンダークィアまたはクェスチョニング(LGBTQ)の若者や、それを支える家族や友人の話に5年以上も耳を傾けてきた。開設した『Everyone Is Gay(みんなゲイ)』は優秀なウェブサイトとして表彰され、アメリカ各地の大学やハイスクールを回って、LGBTQ問題の啓発活動にも取り組んでいる。現在、ロサンジェルスに在住

ルッソ,クリスティン[ルッソ,クリスティン] [Russo,Kristin]
レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、ジェンダークィアまたはクェスチョニング(LGBTQ)の若者や、それを支える家族や友人の話に5年以上も耳を傾けてきた。開設した『Everyone Is Gay(みんなゲイ)』は優秀なウェブサイトとして表彰され、アメリカ各地の大学やハイスクールを回って、LGBTQ問題の啓発活動にも取り組んでいる。現在、ニューヨークに在住

金成希[カナリノゾム]
翻訳家。塾・予備校講師、建設コンサルタント会社、NPO法人での勤務を経て、2011年からフリーランスとなる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

同性愛を親にカミングアウトし、後にLGBTの子どもたちを支援するサイトを立ち上げた著者たちによる一問一答形式の読みやすいガイドブック!

 自身の体験に加え、サイト”Everyone Is Gay”の運営を通して接した子どもたちの経験も元に、大人たちはどのようにカミングアウトに向き合い、子どもの健やかな成長を支えてゆけるのか、子どもたちに接する上で直面する、41の疑問と回答をまとめています。

 ユーモアも散りばめられていて、翻訳書ながらスムーズに読め、親御さんだけでなく教育関係者などにもおすすめします!

第1章 子どものカミングアウト
第2章 親としての最初の反応
第3章 誰に話すか
第4章 子どもの将来
第5章 性教育について
第6章 信仰との関係
第7章 クェスチョニングとは何か
第8章 子どもを支えていくために