DX戦略立案書―CC‐DIVフレームワークでつかむデジタル経営変革の考え方

個数:
電子版価格 ¥4,620
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

DX戦略立案書―CC‐DIVフレームワークでつかむデジタル経営変革の考え方

  • ウェブストアに57冊在庫がございます。(2021年09月22日 00時37分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 308p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784561267461
  • NDC分類 336.17
  • Cコード C3034

内容説明

組織は、顧客・競争・データ・革新・価値の5領域で、これまでとは異なる思考が求められている!本書により読者は、DXは戦略であることを理解し、これまでの諸前提を越えた行動を起こし、新たな価値創造へ向かうだろう。あなたの戦略思考は、本書によってグレード・アップされるのである。

目次

1 デジタル経営変革に関する5つの領域
2 顧客ネットワークを活用する
3 製品だけでなくプラットフォームを構築する
4 データを資産に変える
5 スピーディな実験で革新を起こす
6 価値提案を時代の適応させる
7 破壊的なビジネス・モデルを使いこなす
結論

著者等紹介

ロジャース,デビッド[ロジャース,デビッド] [Rogers,David L.]
コロンビア大学経営大学院教授、ブランド及びデジタル戦略の分野におけるグローバル・リーダーの一人。顧客ネットワークとデジタル経営変革の先駆的モデルを開発。コロンビア大学経営大学院では、エグゼキュティブ向けの教育プログラムのファカルティ・ディレクターとして、主にデジタル・ビジネス及びデジタル・マーケティングを担当。同時に、ビッグ・データ、IoT、店舗内モバイル購買行動、デジタル・マーケティング投資利益率、データ・シェアリング等をテーマに、コロンビア大学Center on Global Brand Leadershipで研究を推進している。BRITE(ブランド、イノベーション、テクノロジー)会議の共同創設者兼主催者でもある。Google、GE、トヨタ、Pernod Ricard、Visa、SAP、Lilly、Combiphar、IBM、China Eastern Airlines、Kohler、Sint‐Gobain、MacMillanなどをはじめとするグローバル企業むけのエクゼキュティブ・プログラムを開発し、コンサルティングを展開している。企業向のエクゼキュティブ向けのワークショップに関しては、64ヶ国で開催している。デジタル経営変革、デジタル・マーケディング、ビッグ・データ、新技術の事業に与えるインパクト等のテーマでの講演、スピーチも数多い。2009年度World Brand CongressでBrand Leadership賞を受賞。Marketing Hall of Fameのボードメンバー、米国マーケティング協会(ニューヨーク)会長

笠原英一[カサハラエイイチ]
アジア太平洋マーケティング研究所所長、立教大学大学院ビジネスデザイン研究科客員教授。博士(Ph.D.in International Studies)、早稲田大学大学院後期博士課程修了、アリゾナ州立大学サンダーバード経営大学院(Thunderbird School of Global Management,Arizona State University)修了。専門は、B2B(産業財)マーケティング、戦略的マーケティング、消費者行動論、グローバル・マーケティング、ベンチャー・マネジメントなど。著書・論文多数。『ベンチャー創造のダイナミックス―経営・評価・育成の視点』(2000)文眞堂で、中小企業研究奨励賞受賞。日米の機関投資家にファンド・マネジャーとして勤務。その後1989年に(株)富士総合研究所(現みずほ総合研究所)マーケティング戦略笠原クラスターにてコンサルティングを実施。現在、大学院にて研究と教育に携わるかたわら、アジア太平洋マーケティング研究所にて、アジア太平洋地域で活動している上場企業をはじめ、ベンチャー、成長中堅企業のクライアントに対して、研究開発、事業開発からマーケティング、販売、財務(IPO、M&A)、企業コミュニケーション(CI、IR)、エグゼキュティブ・トレーニング等に関する機能横断的な問題解決支援を行うコンサルティングを推進中。大学院でもDX特別講座を立ち上げ、理論と実務の統合を実践している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

たくみくた

5
3冊目。DX推進PJに関わる中で読了。DXは単なるデジタル化ではなく、テクノロジーを使っていかに戦略を考えるかということ。その際に考える視点と重要なのが、CCDIVである。(customer同士が繋がる、competitorの垣根がなくなる、dataをいかに利活用するか、innovationを起こすためにいかに小さく実験繰り返すか、valueを発揮するために、誰にどんな価値を届けるのかを再考する)2021/01/11

yyhhyy

2
学者による教科書的な話。どこかで聞いたこのある例が並び技術的な話なく、DXというより昨今のマーケティングの整理という内容2021/03/09

Shiro

0
コロンビア大学経営大学院教授の書いたDX戦略立案の教科書。戦略立案時の重要テーマ(顧客NWを活用する/製品だけでなくPFを構築する/データを資産に変える/ スピーディな実験でイノベーションを起こす/価値提案を時代に適応させる/破壊的なビジエスモデルを使いこなす)に分けて語っている。網羅感・正確性はあるが、教科書感は強い。参考になったのは実験(収斂型・発散型)後の事業拡張方法の4分類(MVPの段階的公開~完成品の一斉公開)、破壊的ビジネスモベルが持つ2要素(劇的な価値代替/模倣を困難とする価値NW)あたり。2021/05/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17270334

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。