文庫クセジュ<br> デカルト

個数:

文庫クセジュ
デカルト

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月18日 07時58分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 219p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784560510223
  • NDC分類 135.2
  • Cコード C1210

出版社内容情報

〈無限なもの〉に焦点をあて、デカルト哲学の全体像を再解釈

本書は、省察的熟考という隘路の向こうに遠望される〈無限なもの〉すなわち〈神〉の人間による知解可能性に依拠して、哲学史の産物である〈カルテジアニズム〉という従来のデカルト理解を破砕し、その多面的な哲学の全体像を豊富な引用文とともに新たに鳥瞰かつ虫瞰する。懇切丁寧な訳注を付す。

内容説明

本書は、省察的熟考という隘路の向こうに遠望される“無限なもの”すなわち“神”の人間による知解可能性に依拠して、哲学史の産物である“カルテジアニズム”という従来のデカルト理解を破砕し、その多面的な哲学の全体像を豊富な引用文とともに新たに鳥瞰かつ虫瞰する。懇切丁寧な訳注を付す。

目次

はじめに 五人目の銃士
第1章 人はいかにしてデカルト派になるのか
第2章 私は在る、私は存在する
第3章 神
第4章 デカルトによる合理主義
第5章 私の生、私の行い
第6章 科学者デカルト
おわりに デカルトとその子孫

著者等紹介

ドヴィレール,ロランス[ドヴィレール,ロランス] [Devillairs,Laurence]
1969年生まれ。フランスの哲学教授資格と哲学博士号をそれぞれ取得。専門は、西洋近世哲学とりわけデカルト哲学とその歴史的展開

津崎良典[ツザキヨシノリ]
1977年生まれ。国際基督教大学(ICU)教養学部人文科学科卒業。パリ第一大学哲学科博士課程修了(フランス政府給費留学生)。日本学術振興会特別研究員PD(東京大学大学院人文社会系研究科)を経て、筑波大学人文社会系准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

masabi

13
【概要】デカルトの思想を無限のものという観点から紐解く。【感想】合理主義者のイメージが強いデカルトだが、神を思想の基礎に据えていたようだ。2019/01/19

左手爆弾

3
デカルトを一から読む本というより復習する本という感じ。合理主義、心身の分離といった極端に現実離れした思想の持ち主ではない。彼の哲学は徹底的に実践を目指しており、彼の言う「方法」はそれほど頑固なものではなく、旧来の考え方に縛られないための手段だ。デカルトの哲学を単純な仕方で類型化するのは容易ではない。こうして、哲学史の中で理解されているデカルト像とはやや異なるデカルト像を平易な言葉で提示しようとしている。その意味で、ある程度デカルトに対して偏見を抱いていないと本書の美点は機能しないかもしれない。2018/11/05

hryk

1
コギトのデカルト、合理主義のデカルトという、標準的なデカルト理解から距離を取り、無限なものとしての神を知解することを中心軸に据えてデカルトを描き出す書。引用が豊富で勉強になるし、訳者による本文補足や訳注が丁寧で、読みやすさは低くはないが、内容としては中級者向けという感じ。2019/06/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13007518

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。