文庫クセジュ<br> 科学の本質と多様性

個数:

文庫クセジュ
科学の本質と多様性

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月11日 12時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 176p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784560510162
  • NDC分類 404
  • Cコード C1210

出版社内容情報

「科学とは何か」というきわめて大きな問題をわかりやすくまとめた一冊。

内容説明

本書では、「科学とは何か」という極めて大きな問題をめぐるほぼ半世紀にわたる著者の議論のエッセンスが、分かりやすくまとめられている。二十世紀における科学の急激な発展と、それが引き起こした倫理的諸問題の考察にはじまり、科学には限界があるか、他の形態の知とどのような関係を保たねばならないのか、などの問いに挑む。

目次

第1章 「科学の時代」の諸問題
第2章 科学的知識と技術知の相違
第3章 方法の多様性と目標の統一性
第4章 形式科学と経験科学
第5章 自然科学と人間科学
第6章 科学的真理の進歩

著者等紹介

グランジェ,ジル=ガストン[グランジェ,ジルガストン] [Granger,Gilles‐Gaston]
1920年生まれ。高等師範学校卒業。レンヌ大学教授、コレージュ・ド・フランス教授等を歴任後、コレージュ・ド・フランス名誉教授となる。現代フランスの科学認識論・科学哲学の第一人者。2016年逝去

松田克進[マツダカツノリ]
1963年生。龍谷大学文学部教授

三宅岳史[ミヤケタケシ]
1972年生。香川大学教育学部准教授

中村大介[ナカムラダイスケ]
1976年生。豊橋技術科学大学総合教育院准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ラウリスタ~

11
前半だけ流し読み。科学哲学について何か書かれているかと期待したが、どうもよく分からなかった。クセジュ文庫は、すでにある程度専門的に学んできた人が、改めて全体像を俯瞰する時には役に立つが、初心者にとっては記述があまりに簡潔すぎて、情報の森の中に迷い込んでしまうことが多いのだが、本書は少なくとも僕にとってはそうだった。2021/04/07

jugemu

4
デカルト研究の小林道夫(故人)が訳者らに原書を紹介し共訳書の出版を持ちかけたが、一人が全訳した原稿を小林に届けたもののそのまま放置されたので、その死後に改めて共訳したという出版経緯があとがきにある。内容は推して知るべし。本書は韜晦、難渋、スノビズムのサンプルにぴったりの本で、たかだか153頁の小冊子なのにどの章も何が言いたいのかさっぱり分からない。全国図書館への配布、訳者のゼミ参加学生の必読本とする以上の本書の値打ちは睡眠障害者向けに限定され、一般読者が手にしても期待を裏切られるだろう。2017/11/20

企業研究職(微生物)

2
今では科学技術とよく言うが、意外にも科学と技術が結びついたのは産業革命以降。それ以前は技術は明文化されない職人的なものだった。科学の力で技術を定型化することで大量生産が可能になった。一方でいつも私の頭に残るのは、科学で理屈を明らかにしたからといってその事象を本当に理解して応用する方法がわかったとは言えないということだ。ある事象をどんな文脈で、どんな角度から取り組むかが科学者の腕の見せ所だ。2020/07/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12280389

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。