文庫クセジュ<br> 世界のなかのライシテ―宗教と政治の関係史

個数:

文庫クセジュ
世界のなかのライシテ―宗教と政治の関係史

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年06月26日 19時59分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 153,/高さ 18cm
  • 商品コード 9784560509944
  • NDC分類 316.2

内容説明

「国家が特定の宗教を保護せず、複数の宗教が政治から自立しながら平等な地位を保障され、また個人および集団も宗教の選択と信仰の自由が保障されている原理」、ライシテ。その歴史と全世界の歩みを地域ごとに解説。とくに二〇一一年「アラブの春」後のイスラーム諸国の変化に注目。

目次

序章 ライシテ―国際的現実
第1章 ライシテの前史
第2章 ライシテの哲学的土台
第3章 啓蒙専制主義、革命、ライシテ
第4章 ライシテと近代性の勝利
第5章 世俗化された社会とライシテ
第6章 ライシテの地政学
第7章 「普通の市民」、ライシテそして二十一世紀の挑戦

著者紹介

私市正年[キサイチマサトシ]
1948年生まれ。北海道大学文学部卒。中央大学大学院博士課程修了。現在、上智大学総合グローバル学部教授(博士「史学」、専門は北アフリカ地域研究)

中村遥[ナカムラハルカ]
上智大学大学院グローバル・スタディーズ研究科地域研究専攻博士後期課程在籍。北アフリカ史専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

30か国が署名した21世紀世界ライシテ宣言。文化衝突や宗教対立を乗り越えるための、人類共生の思想を解説する。