文庫クセジュ<br> ペリクレスの世紀

個数:

文庫クセジュ
ペリクレスの世紀

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年11月30日 19時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 162,/高さ 18cm
  • 商品コード 9784560509937
  • NDC分類 231.3
  • Cコード C1222

出版社内容情報

紀元前五世紀のギリシア、アテネの最盛期を築き上げた政治家ペリクレス。雄弁家として知られるその人と時代。

内容説明

紀元前五世紀、古代ギリシア、アテネで民主主義政治をはぐくんだ。その影響は小アジア、エーゲ海の島々にまで波及する。また、科学および文学の繁栄、そして芸術振興にも力を入れた。雄弁家としても知られ、その格調高い演説は名言として今に伝わる。

目次

第1章 ペルシア戦争からアカルナイ人の抗争まで(ペリクレス時代の黎明;イオニアの反乱とペルシア戦争(前四九九~前四七九年)
アテネの覇権と諸ポリスの葛藤(前四七九~前四三一年)
いわゆるペロポネソス戦争(前四三一~前四〇四年)
前五世紀末のギリシア世界)
第2章 政治、経済、社会(アテネ、スパルタを中心とした社会構造;経済生活のいくつかの局面;前五世紀の政治制度とその発展)
第3章 知的混沌と哲学、科学、文学の隆盛(アテネを中心としたギリシア世界の思想的開花;科学の進歩;文学)
第4章 芸術的創造(古典主義的建築;古典主義的彫刻;絵画、彩色陶器、モザイク)

著者等紹介

幸田礼雅[コウダノリマサ]
1939年生まれ、1966年東京大学仏文科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ジュンジュン

4
ペリクレスと言えば、アテネの最盛期に登場した政治家にして、パルテノン神殿の建立者と教科書的なイメージしかなく、もう少し肉付けしたく本書を手に取った。ただ、内容としては、前五世紀全般を文化・芸術に力点を置きつつ概説したもの。求めていたのは「ペリクレスとその時代」だったので、若干ずれていた。2020/06/14

Saiid al-Halawi

3
「彼の民主主義は確かに覇権主義的であったが、穏健で開明的であった。というのもペリクレスはテミストクレスの思想を受け継いでいて、アテネの絶対的支配を確信してはいたが、既得権を無制限に拡大させたりせず、それを維持し、それを活用したいと考えたにすぎない」(p.74)2015/09/08

ハルバル

1
ペリクレスの活躍した5世紀ギリシャについての、やや難解な概説書(パルテノン神殿の外観比を数式で表されると、文系には辛い笑) テーマは歴史背景と政治状況、文化など多岐に渡る。内容としては個々のテーマについてはあまり深くは踏み込んでいないため、可もなく不可もなくだが、よくまとまっているなという印象。ペルシャ戦争やペロポネソス戦争に挟まれた黄金の50年期は文化も花盛りだけど、ひたすら紀元前のギリシャすげえ!と感嘆しきりである。2014/11/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8167972

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。