文庫クセジュ<br> ローマ共和政 (新版)

個数:

文庫クセジュ
ローマ共和政 (新版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月22日 05時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 167,/高さ 18cm
  • 商品コード 9784560509869
  • NDC分類 232.4
  • Cコード C1222

出版社内容情報

全市民が政治に関与するための身分闘争、頻繁な対外戦争、文学や建築の隆盛。王政と帝政にはさまれた特殊な500年間を解説。

内容説明

五〇〇年の長い歴史を三期にわけて解説。ローマは王政を倒し「自由な」新体制に移行する。また、覇権を賭けて多くの国と争い、揺るぎない地位を確立した。その戦争から得た莫大な富が建築ブームをもたらしたが、最後の一世紀は内乱の時代となり「自由な共和政」は終焉を迎える。

目次

序章
第1章 ローマ共和政の始まり(共和政はどのように誕生するか?;自由の見習期間;民主政の見習期間 ほか)
第2章 活力のある時代(ローマ市;行動するローマ共和政;イタリアの征服 ほか)
第3章 栄光と悲惨(これは別の国民か?;理想の共和政;不安定な均衡 ほか)
終章 共和政はどのように死んだか

著者等紹介

石川勝二[イシカワカツジ]
1940年生まれ。1970年名古屋大学大学院修了。古代ローマ史専攻。愛媛大学、椙山女学園大学教授を経て、現在、椙山女学園大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

刳森伸一

3
タイトル通りローマ共和政時代の解説書なのだが、中級者で大まかな歴史を予め知っておかないと厳しい内容だと思う。かく言う私もところどころ作者の飛躍についていけない・・・2015/02/16

Centurio Togawanus

1
150頁ほどに共和政ローマの長い歴史を過不足なく凝縮した好著。但し専門用語の解説がないという点、或いは原著の多少の難解さをそのまま翻訳に反映させてしまっているという点で通読にはそれなりの時間を要してしまうかもしれない。

Undeutliche

0
基礎知識が足りないのか,訳が合わないのか,記述の飛躍が気になってしまい,読んでいてしっくりこなかった。2015/03/02

Lord. M

0
共和政の歴史を、その事象と原因の説明を簡潔に纏めた著書。90年代時点の最新の研究成果も組み込まれている。本著では、事実の羅列だけでなく、ローマ共和政とはどのような制度か、ローマは如何に最強国になりえたか、共和政はどの様に崩壊の道に辿ったか、帝国主義、格差、身分制、食料問題、宗教等、特殊的又は普遍的問題についても論及している。但し、コンパクトとは言え、日本人にとって入門書ではない。翻訳の稚拙さも散見し、幾つかの間違いも見過ごせない。原著が良書であるだけに勿体ない。訳稿を一度専門家に通読してもらって頂きたい。2020/07/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7702268

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。