文庫クセジュ<br> 児童精神医学―歴史と特徴

個数:

文庫クセジュ
児童精神医学―歴史と特徴

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 159,/高さ 18cm
  • 商品コード 9784560509838
  • NDC分類 493.937

内容説明

子どもの精神的な「病気」に関する考え方の時代的変遷について記述。成人とは異なり、親や周囲との関わりが大きく影響する「子ども時代」と呼ばれる時期が大きな意味をもつ。子どもの特徴を考慮した特別なアプローチが必要であり、一般精神医学の一領域からは独立した専門科目である。

目次

第1部 歴史(児童精神医学の歴史はどのように記載されてきたか;問題提起)
第2部 児童精神医学は一つのダイナミズムである(本質、実在、そして全体性;児童青年期精神医学の特殊性)
結論 創造の義務

著者紹介

阿部惠一郎[アベケイイチロウ]
1949年生まれ。早稲田大学仏文科卒業、慶応大学大学院修士課程仏文学専攻中退、東京医科歯科大学医学部卒業。創価大学教育学部教授(臨床心理学専修)、あべクリニック(北海道名寄市)院長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

子供の特殊性を配慮した特別なアプローチの方法、教育学・心理学など総合的な知識が必要な分野の概説書。