文庫クセジュ<br> 100語でわかるセクシュアリティ―人間のさまざまな性のあり方

個数:

文庫クセジュ
100語でわかるセクシュアリティ―人間のさまざまな性のあり方

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ 新書判/ページ数 159,/高さ 18cm
  • 商品コード 9784560509777
  • NDC分類 367.9
  • Cコード C1210

出版社内容情報

人類学・哲学・芸術など多分野の見地から「性」を記述。大人から幼児に及ぶ広い精神分析の立場から「キーワード」を細かく解説。

内容説明

「性」の世界を生物学や医学の分野ではなく、歴史・人類学・社会学など多分野の刺激的な見地から解説。著者たちに共通する精神分析は、一般的に大人のためとされているセクシュアリティを子供、むしろ幼児にまで広げている。淡い面からきわどいものまで変化に富んだ様相となっている。

著者等紹介

古橋忠晃[フルハシタダアキ]
精神科医、医学博士。1999年名古屋市立大学医学部医学科卒業。現在名古屋大学学生相談総合センター助教。ストラスブール大学客員教授(2011年6月)。専門は精神病理学

守谷てるみ[モリヤテルミ]
1982年、南山大学文学部仏語学仏文学科卒業。自動車メーカー、電子部品メーカー勤務を経て、現在フランス語翻訳業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

壱萬弐仟縁

2
フーコーも想起しそうな内容。ハイエナが男女の相違のない胚を起源とした性器を有しているようだ(43頁)。できるだけ不快な感想にならないようにすべく、露骨な描写を避けてみたい。本著に書かれている用語が、エロ雑誌などでも解説されていると、多くのエロたちに役立つとも思える。ただ、内容が難しいものも入っているが。ローマ皇帝ティベリウスはラテン語cunnilingusと関係があると、世界史の授業では言えないことだろうな(44頁)。その時点で教師失格のレッテルを張られかねない。73頁~の語は一時期雑誌でも紹介されてた。2013/03/11

Akihiro Nishio

2
職業柄、ヘンタイさんには慣れていて容易には驚かないのだが、貞操帯は、現在では、SMの道具となっており、男性に用いられ、飛行機にも乗れるように非金属でできているというくだりには驚いた。本としては、ギリシャ語、ラテン語から語源をたどるような話が多くて、翻訳は大変だっただろう。2013/03/01

ybhkr

0
フランスの13人の研究者の共著をまとめ翻訳したもの。50音順で事典型式。精神分析を通して書かれているものが多く、訳者は「精神分析が現在のセクシャリティ概念に与えた影響は大きい」と記している。性的ないろいろな言葉に対して、日本ではあまり使われない「青い春」「真昼の悪魔」「真夜中の海辺」などの詩的な表現もあり、へぇってなる。ボノボの性交はなぜ正常位であるのか、とか、スワッピングの語源が元々女性はその種族の財産であり、それを交換する制度から生まれたとか、トリビア的な話も多く楽しめた。2015/03/09

ジャスミン

0
気になった点がある。ドラァグクイーンをドラッグクイーンと記載していた点。100語でわかると銘打つなら正確さが大事だと思う。下訳をした人、翻訳者、編集者がいてのことだから、あえてドラッグクイーンとしたのかもしれないが。2013/05/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6017717

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。