文庫クセジュ<br> フーリガンの社会学

個数:
  • ポイントキャンペーン

文庫クセジュ
フーリガンの社会学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年08月26日 09時08分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 154,/高さ 18cm
  • 商品コード 9784560508947
  • NDC分類 783.47
  • Cコード C1236

内容説明

サッカーに群がる欲求不満な暴徒―フーリガンは、希望格差社会の申し子か?本書は、メディアによって作りあげられた集団像を実地調査をもとに問い直し、彼らの実像に迫る。群集心理や共同体への帰属意識などの解説を通して暴徒化の誘因となることがらをあぶりだす。サッカーファン必読の書。

目次

第1章 フーリガン現象―歴史と現代性の狭間で(現代社会に特有の現象なのか?;ヨーロッパにおけるフーリガン現象の出現)
第2章 諸批評と論点(問題への限定的な視点;フーリガン事件における数字―イデオロギー化したデータ;暴力について;フーリガン―均質なカテゴリーなのか?;スポーツ催事の影響)
第3章 サッカー―普遍的スポーツから党派的情熱へ(普遍的スポーツ;大衆のスポーツ;都市への定着;大衆の行動)
第4章 スポーツの群衆―雑多な世界(大衆の「職業と社会階層」;観客とサポーター;サポーターであること―年齢の問題;サポーターとサポーター行動)
第5章 フランスにおけるフーリガン現象(間違った社会構造?;グループ間の抗争―情熱の暴走から共同体の論理へ;フーリガン現象、サブ・カルチャーと政治;アノミーの問題)

著者等紹介

陣野俊史[ジンノトシフミ]
1961年生。批評家

相田淑子[アイダヨシコ]
1960年生。中央大学法学部助教授。フランス十六世紀文学専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。