ジャック・デリダ講義録<br> 生死

個数:
電子版価格
¥7,425
  • 電書あり

ジャック・デリダ講義録
生死

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年06月15日 04時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 400p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784560098059
  • NDC分類 135.5
  • Cコード C0010

出版社内容情報



ジャック・デリダ[ジャック デリダ]
著・文・その他

吉松 覚[ヨシマツ サトル]
翻訳

亀井 大輔[カメイ ダイスケ]
翻訳

小川 歩人[オガワ アユト]
翻訳

松田 智裕[マツダ トモヒロ]
翻訳

佐藤 朋子[サトウ トモコ]
翻訳

内容説明

生と死は、はたして対立すべきものであるのか?DNA、遺伝子、細胞…生き物にプログラムされた「非音声的エクリチュール」を踏まえながら問いかけ、ジャコブ、ニーチェ、フロイトを脱構築的に読解することで、再生産や新陳代謝のメカニズムを哲学する―「生死」をともにする全14回の講義。

目次

第1回 諸々のプログラム
第2回 女性の生者の論理
第3回 移行(オイディプスの踏み外し)
第4回 代補の論理―他者の、死の、意味の、生の代補
第5回 頑丈な=死ぬことのないもの
第6回 「跛行する」モデル―巨像の歴史
第7回
第8回 もの(「ニーチェ」)
第9回 解釈について
第10回 分業についての思考―そして、固有名の伝染〔ほか〕

著者等紹介

吉松覚[ヨシマツサトル]
1987年生まれ。日本学術振興会特別研究員RPD。京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。フランス思想専攻

亀井大輔[カメイダイスケ]
1973年生まれ。立命館大学文学部教授。立命館大学大学院文学研究科博士後期課程修了。哲学専攻

小川歩人[オガワアユト]
1992年生まれ。大阪大学国際共創学位プログラム推進機構特任講師。大阪大学大学院人間科学研究科博士課程修了

松田智裕[マツダトモヒロ]
1986年生まれ。立命館大学衣笠総合研究機構専門研究員。立命館大学大学院文学研究科博士後期課程修了

佐藤朋子[サトウトモコ]
1976年生まれ。金沢大学国際基幹教育院准教授。パリ第七大学大学院精神分析・基礎精神病理学研究科博士課程修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。