共通語の世界史―ヨーロッパ諸言語をめぐる地政学

個数:

共通語の世界史―ヨーロッパ諸言語をめぐる地政学

  • ウェブストアに61冊在庫がございます。(2019年04月20日 00時03分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 366p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784560096598
  • NDC分類 802
  • Cコード C0022

内容説明

商業・宗教・軍隊。ヨーロッパに息づく少数言語から、世界で息まく連合言語まで!ホモ・ロクエンス(話すひと)の驚くべき多様性がおりなす人類史をめぐり、ことばの「シェア」に秘められてきた三大要素をときあかす。社会言語学の泰斗による名著、待望の邦訳。言語分布地図・言語名索引付。

目次

第1部 連合言語(ヨーロッパの共通語;ヨーロッパと英語;ドイツ語と東方の呼び声;フランス語とその多様な使命)
第2部 ヨーロッパ諸言語の豊かさと錯綜(多種多様な声の限りない誘惑;錯綜するコード)
第3部 ヨーロッパの諸言語とナショナリズムの挑戦(言語からの号令;ことばの城塞)

著者等紹介

アジェージュ,クロード[アジェージュ,クロード] [Hag`ege,Claude]
1936年生まれ。フランスの言語学者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

共通語の世界史

ホモ・ロクエンス全史と商業・宗教・軍隊

 ヨーロッパに息づく少数言語から、世界中で息まく連合言語まで!
 ホモ・ロクエンス(話すひと)の驚くべき多様性がおりなす人類史をめぐり、ことばの「シェア」に秘められてきた三大要素をときあかす。
 「アメリカ合衆国からオーストラリアやニュージーランドまで、南アフリカからカナダまで、さらには、インドのように、英語が国民語ではないまでも公用語の地位に就いている国々が同じくらいのひろがりを見せていることも考えに入れるなら、英語が商業と軍隊によって地球上の津々浦々にまでもち運ばれて、広大な空間を占めるにいたったわけである。[…]ヨーロッパでは、言語が愛国意識を高めるきっかけとなることがよくある。そのヨーロッパにおいて、言語による自己主張の渇望は、共通語の必要性をなきものにしないまでも、共通語の圧力を減らそうとする性質をもっている。こうしてみると、ヨーロッパは、英語に開かれていると同時に、言語的多様性を守ろうとする明確な態度を示していると言える」(本書より)。
 社会言語学の泰斗による名著、待望の邦訳。巻末に、言語分布地図・言語名索引付。

クロード・アジェージュ[アジェージュ]
著・文・その他

糟谷 啓介[カスヤ ケイスケ]
翻訳

佐野 直子[サノ ナオコ]
翻訳

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件