評伝 吉村昭

個数:
電子版価格 ¥2,592
  • 電書あり

評伝 吉村昭

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年09月15日 16時27分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 417,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784560083734
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C0095

内容説明

自ら「現地主義」と称し、歴史家には埋めることのできない空白部分を物語にしていった稀代の作家の生涯を熱く検証する、『ひさし伝』『藤沢周平伝』に続く、渾身の遺作。

目次

郷里の日暮里と戦争体験
長い同人雑誌の遍歴
活路を拓いた記録文学
証言で追う戦史の真相
戦史小説から歴史小説へ
短篇小説が生きがい
漂流記録は独自の海洋文学
歴史の真実を見据える
知られざる歴史を発掘
幕末から明治を駈ける
長篇歴史小説の総決算へ

著者等紹介

笹沢信[ササザワシン]
1942年京城市生まれ。1966年山形大学文理学部卒。山形新聞社入社、主に文化欄を担当、1998年退社、出版社「一粒社」を立ち上げる。1994年、小説集『飛島へ』(深夜叢書社)で山形市芸術文化協会賞、2013年、『ひさし伝』(新潮社)で真壁仁・野の文化賞、山形市芸術文化協会特別賞受賞。2014年4月6日没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

事実こそ小説であると現地主義に徹し、歴史家には埋めることのできない空白部分を独創的に物語化した人気作家の生涯。

【著者紹介】
1942~2014年。京城市生まれ。山形大学文理学部卒。出版社「一粒社」を立ち上げる。「飛島へ」で山形市芸術文化協会賞、「ひさし伝」で真壁仁・野の文化賞、山形市芸術文化協会特別賞を受賞。著書に「藤沢周平伝」など。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件