みんなの空想地図

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 157p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784560083277
  • NDC分類 448.9
  • Cコード C0025

出版社内容情報

タモリ倶楽部でも話題の「地理人」による初の単行本。空想地図から都市のコミュニティデザインの魅力に迫る。カラー図版多数。

【著者紹介】
1985年鹿児島市生まれ。7歳のときから道路地図やバスの路線図をもとに自分で空想地図を描き始める。大学では地理学を専攻したのち経済学部(まちづくり)に移る。卒業後はIT企業の会社員を務めるが、現在フリー。空想地図および視覚化の可能性を模索・追究している。共著に『NHK 知っトク地図帳 しらべて遊ぼうこの地図だれのもの?』がある。

内容説明

ありえないほどリアルな、空想都市。誰でもできる都市型フィールドワークガイド。

目次

1 日常トリップから、空想地図を作る(引っ越してできた日野の日常圏;バスから見えたとなり町の重心;鹿児島市にあったもうひとつの日常 ほか)
2 想像力で描く空想都市の生態系(「Illustrator」でトレースして、地図をデジタル化する;「中村市」の現況と周辺を空想(シミュレーション)する
空想都市の点と線の拡がりを描く ほか)
3 人間社会フィールドワーク―外から空想地図を読む(まちづくりを求めて;「東京都心=山手線という権威」への鬱屈;東京嫌いの、東京処世術 ほか)

著者等紹介

今和泉隆行[イマイズミタカユキ]
1985年、鹿児島市生まれ。その後の多くを東京都日野市で過ごす。通称「地理人」。大学では地理学、まちづくりを専攻し、教育系NPOにも関与。IT企業のサラリーマンを経て、現在は空想地図制作、デザインを行なうかたわら、空想の舞台の地図制作も承っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

へくとぱすかる

43
「空想地図」ということばから連想するようなファンタジックな要素はほとんどなく、むしろ都市計画のシミュレーションといえる。著者本人にはそういう意識はなくて始めた趣味だったようだが、結局はそれを生かしての就職や社会人としての活動になっていったらしい。鉄道関係の記述は、あえて押さえたようで、地図と鉄道という、ありがちな関係は、ここにはない。都市計画・建築という分野にかかわる、まともすぎるほどまともな構想として、感服せざるをえない。それにしても架空とはいえ、市街地のMAPはできすぎ!2015/01/09

宇宙猫

25
挫折。どうやって空想地図を作ったか、みたいな本のよう。2016/12/08

ふろんた

24
空想だけで地図を作ってしまう、ハンドメイドのシムシティ。交通インフラから住宅地、商業エリアしかも歓楽街まで取り揃えてしまうのは圧巻。2014/02/11

HoneyBEE

20
え、架空なの?と思わざるを得ないほどリアルな地図。未日常感覚とよばれる素敵なもののおかげで、こんなにも空想の描き方が研ぎ澄まされるのですね。真似しよう、とは思わないけどすごいと思う。想像の街を描くにあたり、リアルな自治体やバスの運行などとことん調べてるのもすごい。2013/12/06

たかしくん

19
「空想地図」こんな素敵な趣味が、あるとは!! 実は私も、長年「妄想」してきた地図があります。しかしこの本はよくぞここまで、と言いたくなるかゆいところに手が届く、空想の世界にひたれます。もっと早く出会いたかったです。2014/03/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7311379

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。