ウイスキー・ドリーム―アイラ島のシングルモルトに賭けた男たち

個数:

ウイスキー・ドリーム―アイラ島のシングルモルトに賭けた男たち

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月17日 00時33分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 244p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784560081105
  • NDC分類 588.57
  • Cコード C0077

内容説明

もっともピュアなスコッチを造る蒸留所、ブルイックラディ。その再建を追ったドキュメント。

目次

第1章 転機―ロンドンからアイラ島へ
第2章 歴史―ブルイックラディの栄枯盛衰
第3章 伝説―蒸留最高責任者ジム・マキュワン
第4章 買収―蒸留所を手に入れるまで
第5章 人材―アイラ島の男たち
第6章 伝統―もっとも純粋なウイスキーを求めて
第7章 製品―ブルイックラディのラインナップ
第8章 復活―ポート・シャーロット蒸留所
第9章 普及―ウイスキー・アカデミー
第10章 展望―世界に広がるシングルモルト

著者等紹介

リヴァンス,スチュアート[リヴァンス,スチュアート][Rivans,Stuart]
スコットランドのジャーナリスト。グラスゴー大学とストラスクライド大学大学院でジャーナリズムを研究。フリーランスのジャーナリストとして、「ザ・スコッツマン」「サンデー・ヘラルド」「イヴニング・タイムズ」「ビッグイシュー」などの新聞雑誌に記事を寄稿。BBCラジオ・スコットランド、STV、チャンネル4、BBCスコットランドTVなどでスコットランドをテーマにしたドキュメンタリー番組のプロデュースにも携わっている

北代美和子[キタダイミワコ]
1953年生まれ。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

nobugとミミ&モモ(双子姉妹)

34
ウイスキー好き。特にアイラ島のシングルモルト好きにはたまらない一冊。1994年に閉鎖されたスコットランドのアイラ島のブルックラディ蒸溜所を買収して2001年に再開して見事に復活させた男たちの物語。面白かった。ウイスキーを飲みたくなった。毎晩飲んでいるけどね。(^^)2019/01/18

あいちょ。

2
これはなかなか素敵な一冊。 読んでから呑むと、その味わいもまた格別。2015/01/29

tom

1
ブルイックラディという銘柄のモルトウイスキー製造所を再興した人たちの話。ウイスキーの製造法を知ることができた。ブルイックラディを飲んでみたい。でもお値段が高い。どこかに安売りがないかしら(笑)。2012/01/14

Takayoshi Fujimoto

0
「科学は人類を月に立たせ、原子を分裂させる。だが、ウイスキーづくりの魔法の歩みはとらえどころのないままだ。すてきじゃないか。」2016/03/17

うめけろ

0
この手の本は好きなんやけどなあ。ちょっと、期待はずれでした。2011/05/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2424951

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。