ハングルの歴史

個数:

ハングルの歴史

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 253,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784560067765
  • NDC分類 829.1
  • Cコード C3087

内容説明

知られざる数奇な運命を前史から現在まで謎解く。

目次

表音文字か、表意文字か―漢字との出会い
吏読は本当に薛聰が作ったのか―表記をめぐる葛藤の歴史、吏読は本当に必要だったのか
新羅の人々はどのように文を書いたのか―郷札に込められた先人の智慧
漢文の経典はどう読まれたか―漢文に振られた吐、口訣の歴史
訓民正音(ハングル)はすべての民衆に用いられたのか―訓民正音と「愚かな」民衆
訓民正音(ハングル)は他の文字を真似たものか―模倣説が囁かれるわけ
崔萬里はなぜ訓民正音(ハングル)創製に反対したのか―集賢殿の学者・崔萬里の哲学と思想
ハングルはいつから大衆に愛用されるようになったのか―ハングルの価値再発見
ハングル正書統一案はなぜ作られたのか―表記法の混乱と標準語の必要性
集め書きか、ばらし書きか―ばらし書きを実践した人々
外国人のためか、韓国人自信のためか―外国人のための韓国語表記、ローマ字表記法〔ほか〕

著者等紹介

朴永濬[パクヨンジュン]
釜慶大学教授

柴政坤[シジョンゴン]
韓国科学技術院教授

鄭珠里[チョンジュリ]
東ソウル大学教授

崔〓鳳[チェギョンボン]
圓光大学教授

中西恭子[ナカニシキョウコ]
東京外国語大学大学院修士課程修了。ソウル大学大学院博士課程修了。韓国・東国大学専任講師を経て早稲田大学ほか非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

ハングルの成立前史から創製の過程、受難と受容、近代的正書法の確立など、この比類なき文字の歴史を詳細にたどる。