ヤングハズバンド伝―激動の中央アジアを駆け抜けた探検家

個数:

ヤングハズバンド伝―激動の中央アジアを駆け抜けた探検家

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 511,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784560030486
  • NDC分類 289.3
  • Cコード C0025

内容説明

中央アジアとチベットの利権をめぐって英露清がしのぎを削っていた19世紀末―。当時の紛争地をことごとく踏破し、虚々実々の駆け引きを繰り広げた英国の軍人・探検家、フランシス・E.ヤングハズバンドの生涯を、残された日記と膨大な資料をもとに生き生きと描いた初の評伝。

目次

家系と生い立ち
サンドハーストからインドへ
初めてのヒマラヤ
頽廃する英領植民地インド
満州の探検
シベリア辺境の旅
ゴビの流沙を越えて
氷雪への魅惑―ムズターグ峠
青春の野望と挫折
カラコラムの探検
パミールとフンザ
パミールをめぐるロシアの陰謀
チトラルの反乱
ボーア戦争前夜の南アフリカ
インド―安逸と怠惰な日々
〈チベット使節〉
密かな旅―チベット国境へ
政策の転換―軍事使節へ
ギャンツェへの進出とラサ進撃
ラサにおける条約交渉とラサ撤退
〈チベット使節〉の後始末―「身代わり山羊」
カシミール駐在官として
カシミール、光と影
新しい冒険―思索と隠棲の日々
死からの生還
第一次世界大戦と新しい改革運動
エヴェレスト遠征の挫折と準備
エヴェレストとチベット政府
エヴェレスト―新しい難題
エヴェレスト醜聞
晩年―新しい精神活動
最後の旅路

著者等紹介

金子民雄[カネコタミオ]
1936年、東京生まれ。日本大学商学部卒業後、中央アジア史、東南アジア史の調査・研究を続ける。哲学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。