大ヒマラヤ探検史―インド測量局とその密偵たち

個数:

大ヒマラヤ探検史―インド測量局とその密偵たち

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年05月28日 19時23分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 340,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784560030462
  • NDC分類 292.58

内容説明

ヨーロッパ列強諸国の中央アジア進出に伴っておきた“グレート・ゲーム”。この時代を背景に、インド測量局の密偵“パンディット”を中心に描く大ヒマラヤ探検の軌跡。

目次

イギリスのインド支配
アジア内陸とキリスト教宣教師など
清朝のチベットの地図化とインド測量局のスタート
大三角測量の開始とヒマラヤ地域の探検
エヴェレスト長官とさらなる探検
インド測量局とエヴェレスト峰の発見
“グレート・ゲーム”と“パンディット”の誕生
最初の試み―アブドゥル・ハミドとナイン・シン
北西辺境地帯の探査―ミルザ、ハヴィルダール、ムラー
チベットへ、さらにそれを越えて―ナイン・シンの一族
フォーサイスのヤルカンド使節団とパンディット
エヴェレスト峰とカンチェンジュンガをめぐって
ベンガルのチベット学者S・C・ダスとラマ・ウギェン・ギャツォ
ツァンポとブラマプトラ河の解明
その後のツァンポとチベットの探検
チベットとツァンポの探検余話

著者紹介

薬師義美[ヤクシヨシミ]
1936年、富山県生まれ。日本山岳会、日本ネパール協会各会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)