シラミとトスカナ大公

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 398p/高さ 20X15cm
  • 商品コード 9784560028537
  • NDC分類 498.023
  • Cコード C0022

内容説明

見えざる敵との闘い。17世紀イタリアにおける人々の生活と、それを揺り動かすペストの大流行が、史料を駆使した迫真の筆致で描かれ、当時の動静が鮮やかによみがえる。疫病の社会史。

目次

第1部 シラミとトスカナ大公(飢饉・失業・疫病;都市環境 ほか)
第2部 クリストーファノとペスト(ペストと闘うコミュニティー;行動するクリストーファノ)
第3部 モンテ・ルーポの城柵を壊したのは誰か?(公衆衛生局と聖職者;モンテ・ルーポのペスト ほか)
第4部 1630年トスカナにおける職業としての医師(1630年の調査;医師の数とその分布状況 ほか)

出版社内容情報

 17世紀イタリアにおける人々の生活と、それを揺り動かす疫病という「見えない敵」との闘いが、詳細な史料を駆使した迫真の筆致で描かれ、当時の社会の動静が鮮やかによみがえる。人間を混乱に陥れる疫病の社会史は、エイズにみられる「感染症と社会」といった現代的なテーマと重ねることができる。