ヨーハン・ディーツ親方自伝―大遷帝侯軍医にして王室理髪師

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 341,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784560028308
  • NDC分類 289.3
  • Cコード C0022

内容説明

阿鼻叫喚の対トルコ戦役、壮絶な北洋捕鯨、苦渋の親方生活等々、近世庶民の諸相を圧倒的な迫力で活写する波瀾万丈の一代記。

目次

わたしのしつけと両親について
徒弟時代
軍医時代―トルコ戦役
職人の暮らし
船医時代―捕鯨船の旅の記録
王室理髪師への道
親方時代と夫婦生活

著者紹介

佐藤正樹[サトウマサキ]
1950年愛知県生まれ。1976年名古屋大学大学院文学研究科修士課程修了。ドイツ文学・風俗史専攻。広島大学総合科学部教授。主要編著書に、『うちに子どもが生まれたら』(鳥影社、1995年)、『レクラム文庫をドイツ語で読む』(白水社、1999年)。主要訳書に、S.ビルクナー編『ある子殺しの女の記録―18世紀ドイツの裁判記録から』(人文書院、1990年)、R.v.デュルメン『近世の文化と日常生活』全3巻(鳥影社、1993、1995、1998年)、A.ビルショフスキ『ゲーテ―その生涯と作品』(共訳、岩波書店、1996年)

出版社内容情報

こんな人生があったのか! 徒弟・遍歴職人時代をはじめ、対トルコ戦争の阿鼻叫喚、壮絶な北洋捕鯨、苦渋の親方生活等、17世紀庶民の諸相を圧倒的な迫力で活写する波瀾万丈の一代記。