職業別 パリ風俗

職業別 パリ風俗

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 257,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784560028186
  • NDC分類 384.3
  • Cコード C0022

出版社内容情報

社交界に君臨するための絶対条件とは? 19世紀小説にはなぜ女中が出てくる? 医者より儲かる薬剤師! これを知らずしてバルザックやフロベールを語れない「風俗ファイル」。【第51回読売文学賞受賞】

内容説明

お針子、門番女、公証人、仕立屋、乳母…バルザックやフロベールの小説に登場するさまざまな“職業”。その知られざる実態を明らかにし、19世紀社会に迫る「風俗ファイル」。

目次

グリゼット(お針子)の恋の行方
末は弁護士か代訴人か
屋根裏の詩人からジャーナリストへ
女優志願
門番女のクモの糸
本物のダンディーの条件
社交界の女王になるには
黒服の悲惨
パンシオン様々
年金生活者の栄光と悲惨〔ほか〕

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mitu

34
19世紀のフランス文学を読む時に知っていると便利なこと、読んだ時に理解が及ばなかったことや疑問に感じてwiki検索したものの身に付かなかったことが解明されて、職業別の衣装の挿絵と共にぎっしりと詰まった一冊です。『赤と黒』『パルムの僧院』『ボヴァバリー夫人』『感情教育』『ブヴァールとペキュシェ』『ペール・ゴリオ』『谷間の百合』『ウジェー・ニグランデ』『藤原書店 人間喜劇セレクション』…等を読んだ後なので程よいタイミングでした。これでバルザックやゾラやユゴー、フロベール等が読み進めやすくなりました。⇒ 2019/09/17

キムチ27

29
前作からお気に入りの鹿島氏2冊目。19Cのパリ風俗への造詣と蔵書の凄さで圧倒される脳みそ。薄い1冊だが、近代パリを堪能。嫌いじゃないけど、ゾラ・バルザック・ユゴー・フローベルを読むのは猛烈に体力(知力でなく)が要る。でも、これはあっという間に読める。で、パリを解った気にさせてくれる。日本人にはちと解りにくい職業・・代訴人・年金(利子)で食う身分・高級娼婦・・の解説が興味深い。黒服(専門的秀才バカ?)矜持ゆえか、身を処す手管に稚拙な余り、社会を渡るのがしんどい・・何やら、オーバードクターを思い出させる。2014/05/09

ごへいもち

28
フランス文学は殆ど読まないのに。この人の本が好きで読んでいるので無駄な?知識が増えていく…?2015/08/25

ラウリスタ~

10
主にバルザックを読む時のための副読本かな。門番女(建物の中庭に通じる扉の開閉は彼女の差配)に嫌われると困る(階段をのぼる燭台、真夜中に締め出される)。医者の二段階(ナポレオン時代に軍医を増やしすぎた)と薬剤師の裕福。女中の多様性(プルーストのフランソワーズは料理担当で女中頭、雑用係をこき使う)。パンシオン(寄宿)と年金の項目、文学作品のお金に関する部分はちゃんと読まないと思わぬ誤解を生む。貴族のための乳母になるために、自分の子供はもっと下層の乳母に任せる、乳母市場。職業別に、生理学シリーズのような分類。2019/12/23

おぴよ

3
19世紀のパリに住む、お針子、公証人、女中、仕立屋、端役女優などの生態がおもしろかった。2020/11/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14263

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。