みんなの「生きる」をデザインしよう

個数:

みんなの「生きる」をデザインしよう

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B40判/ページ数 253p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784560027967
  • NDC分類 375
  • Cコード C0037

内容説明

母校の小学校で「生きる」という詩の表紙をつくる特別授業。NHKの人気番組「課外授業ようこそ先輩」をもとに、子どもたちとのふれあいをつづった感動のドキュメント。

目次

一日目(朝の予鈴;一時間目/図書室で、自分の一冊を探す;ぼくが知らない休み時間/子どもたちのおしゃべり;二時間目/教室で、文字で花遊びをする ほか)
二日目(一時間目/宿題発表・子どもたちの「生きる」;ぼくの休み時間/ほんとうに本を読むということ;二時間目/宿題発表・ぼくの「生きる」;渡り廊下で考える/子どもたちのつぶやき ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

aoi

3
装幀家菊地信義さんが小学校で授業をもち、子供たち一人一人が谷川俊太郎さんの「生きる」の装幀の完成に導くという内容。自分と向き合うこと、感覚を深めること、表現すること、伝えること。それらにたどり着けるよう、菊地さんはそっと導かれていました。もとはNHKの30分番組の企画だそう。見たいなぁ。2014/12/26

メルセ・ひすい

1
8-49 赤144 小学教諭の教科書!装幀家の第一人者が母校の小学校で六年生を相手に二日間授業を行った記録。谷川俊太郎先生の『生きる』という詩を一冊の本にするなら どんな表紙をつけるか・・・センセと27人の生徒の暖かい やりとりとは?? 母校の小学校で「生きる」という詩の表紙をつくる特別授業。NHKの人気番組「課外授業ようこそ先輩」をもとに、子どもたちとの触れ合いや、児童が想像力と表現力を生み出していく姿を綴った感動のドキュメント。                          2007/05/31

キテレツ

0
装幀家の菊地さんが、小学校で2日間、装幀をつくる授業を行ったときのドキュメンタリー。授業の内容は、谷川俊太郎さんの「生きる」という詩の最初の7行に表紙をつけるというものでした。子どもたちはそれぞれ悩みながら、自分なりの「生きる」のデザインをしていきます。デザインの本にも関わらず絵や写真は一切載っていないので、子どもたちが作った表紙は文章から想像するしかないのですが、デザインというものに、それから「生きる」ということに、どのような視点で取り組んでいけばよいのか、考えさせられる本でした。2015/05/25

なつみみ

0
装幀家の著者が母校の小学校で授業した2日間。授業内容に制作過程、完成した作品、著者と子供たちとのやりとりに興味が尽きません。読んでいて、実際に放映された番組を見たくなりました。2014/04/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/77311

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。