トウガラシのちいさな旅―ボーダー文化論

個数:
電子版価格 ¥2,160
  • 電書あり

トウガラシのちいさな旅―ボーダー文化論

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 288,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784560027943
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

熱い!辛い!濃い!“ボーダー文学・映画・音楽”に身を焦がせ。ギターの音に誘われて、米・メキシコ国境から、中米、モロッコ、沖縄へ。境界を旅して十余年、待望の評論・エッセイ集。

目次

第1章 米国・メキシコ国境―“周縁”から見た世界(ボーダー・ウーマンの自画像―フリーダ・カーロと国境地帯のジェンダー、ナショナリズム、セクシュアリティ;ハバネロ紀行 ほか)
第2章 ラテンアメリカ―グローバリゼーションへの抵抗(トウガラシのちいさな旅―食のグローバリゼーション;偏在するチェ・ゲバラ―映画『モーターサイクル・ダイアリーズ』を観る ほか)
第3章 タンジール―ポール・ボウルズと異世界への旅(錯綜するセクシュアリティ―ポールとジェインの擬装結婚;分裂するあなた、抵抗するテクスト―「あなたはわたしじゃない」論 ほか)
第4章 オキナワ―ウチナー・イナグの肝(シマ言葉を活かす作家―崎山多美に会う;沖縄を放浪する女たち―中江裕司監督『ホテル・ハイビスカス』 ほか)

著者等紹介

越川芳明[コシカワヨシアキ]
1952年生まれ。明治大学教授(アメリカ文学)。九〇年代後半から、国境地帯の人びとの「声」と「歌」を聴くために、精力的に現地調査を行なう(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。