外国語で発想するための日本語レッスン

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 219,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784560027875
  • NDC分類 807
  • Cコード C0080

内容説明

どうしてあなたの外国語は通じないのか。

目次

第1章 外国語で発想するために必要な「読書技術」(欧米の「読書技術教育」ってどのようなもの?;日本の読書教育;欧米の読書技術教育の実例;外国語で発想するためになぜ読書技術が必要なの?;さまざまな教科に応用される読書技術)
第2章 絵の分析(「絵の分析」とは?;「絵の分析」の例;「絵の分析」の方法;「絵の分析」をやってみよう)
第3章 本の読み方(物語の構造;「テクストの分析と解釈・批判」の方法;「テクストの分析と解釈・批判」をやってみよう)

著者等紹介

三森ゆりか[サンモリユリカ]
つくば言語技術教育研究所所長。そのほか、麗澤中学・高等学校、茨城県立中央看護専門学校、日本サッカー協会、朝日カルチャーセンターなどで講師を務める。また、平成13年度文化庁主催「国語施策懇談会」、平成14~18年度文化庁主催「日本語教育大会」の講師も務める。東京生まれ。中学、高校の4年間を旧西ドイツで過ごす。上智大学外国語学部ドイツ語学科卒業。株式会社丸紅勤務後、上智大学文学部博士前期課程中退。1984~1988年に外交官の子弟を対象とするドイツ式作文教室、1990年につくば研究学園都市に「つくば言語技術教室」(現「つくば言語技術教育研究所」)を開設する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

草食系

17
海外と帰国子女の人、つまり欧米教育を受けてきた人と話す時に、どうして○○なのと畳み掛けるように聞かれる事があった。論拠の提示と比較を持ち出して議論を深める、抽象化と具体化のバランス、これが苦手で自分の話がただの感想になっていたのがわかりました。正直、察しの文化で育ったためか、感想に論拠は理屈っぽい気がしていたけれど、文化が異なるから共通認識を持ち、深い話をするためには大事。日本と欧米教育の違いを、絵画を見た時の表現の仕方で説明していた章は、分析の技法が面白くためになりました。2013/09/26

魚京童!

10
日本の国語教育=道徳というのはわかるけど、道徳を徹底的に教えるから平和な国であるのかもしれないとも思う。2014/05/04

ユーユーテイン

9
書名から、外国語が苦手な自分に読めるのかと思っていたけれど、日本語で十分読める本だったのでまずは安心。本書では、日常会話の先の、深い交流をするために読書技術を身につけた方がいいと言う。その読書技術の根底にあるのが、「文章の分析と解釈・批判」の方法で、その前段階として「絵の分析」がある。絵の分析のやり方が詳しく書かれているのがとても参考になった。中でも、ミレーの「落穂拾い」の絵の分析から、当時の社会階層に言及できるなんて、すごいと思った。文章では、超短編の「サンサルバドル」の分析もおもしろかった。2014/02/25

yoshi41101

6
テキストや絵画と向き合って感じたことを、その背景・知識などからいったん切り離し、1)書かれている事実を根拠として分析して読み、2)さらにはそれを統合して書かれていない意図を推し量る、そいうステップを通して読むとより深い理解ができるようだ。こういう読みができるとき、聞いた相手は、なるほどと感じるのだろう。「読者は読者がその作品を読む「現在」の視座から自分なりに作品を解釈します。ただし、解釈には責任が伴います。その責任を、読者はテクストの中に根拠を見つけて提示するという形で果たすのです。」この責任に魅かれる。2011/02/26

Erina Nakajo

4
仕事のために上司に言われて読んだのですが…人生が一気に変わったような感覚に襲われました。小さいころから本が大好きでたくさん読んでいたため、国語の成績はそこそこよかったのですが、なぜ点数が取れるのかわからず、作文や読書感想文では何をどんなふうに書いてよいかもわからず、大学受験の時に入試の国語で大きな挫折を味わった時にも、なぜ急に点数が取れなくなったのかもわかりませんでした。そうか、日本の国語教育のせいだったのか…。今知ることができたんだから!クリティカルリーディング、これから挑戦してみようと思います。2013/06/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/50232

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。