Kawade夢新書
日本人の美しい和のふるまい―日本人の誠実さ、やさしさ、美しさをあらためて見直してみませんか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 204p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784309503288
  • NDC分類 382.1
  • Cコード C0239

内容説明

古来、日本人が守り伝えてきた「ふるまい」には私たちが忘れかけている大切な「和のこころ」が満ちあふれている。伝統的な作法と知識を再認識し、その知恵にあらためて感じ入る本。

目次

1章 人を思いやり、気づかう心から生まれるふるまい(言葉を必要としない洗練された「思いやり」―傘かしげ;武士から生まれた無用な争いを避けるマナー―左側通行 ほか)
2章 感謝を忘れず、和を楽しむ心から生まれるふるまい(相手との縁をつなげる「食事の作法」―おかわり;なぜ「二つ折り」にして出すのが礼儀なのか―座布団の勧め方 ほか)
3章 伝統を愛し、礼を重んじる心から生まれるふるまい(「頭を下げる」動作に隠されている“思い”とは―おじぎ;女性の装いの変化が礼儀作法へとつながった―正座 ほか)
4章 先祖をうやまい、命を見つめる心から生まれるふるまい(なぜ、悲しい席でもお酒を飲むのか―通夜と葬儀;「左前合わせ」が縁起が悪いとされた理由―着物 ほか)
5章 自然と調和し、生を大切にする心から生まれるふるまい(人生を四季と重ねていく美しい感性が生み出した習慣―衣替え;なぜ、正月に餅を飾るのか―鏡餅 ほか)

著者等紹介

藤野紘[フジノヒロシ]
1958年生まれ。旅行ジャーナリストとして世界各地を訪ね、その土地の文化や習俗、習慣を調査し、メディアに紹介している。一方で、日本の“和文化”にも造詣が深く、その和洋を問わない幅広い視点と豊富な知識は、つねに注目を集めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

てっしー

0
青春出版社のベストセラー「日本人のしきたり」を意識したかどうかはしらないが、似たような内容ですな。被らないようにうまくかわしているような。それなりに、なるほどと思える内容もあった。2012/03/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/243921

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。