ブラッサイ―パリの越境者

個数:

ブラッサイ―パリの越境者

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月26日 13時34分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 352,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784560027097
  • NDC分類 740.235
  • Cコード C0072

内容説明

サントリー学芸賞、渋沢・クローデル特別賞、日本写真協会賞学芸賞受賞の著者によるブラッサイ論の決定版。写真/彫刻/デッサン/版画/映画/バレエ/文学とさまざまなジャンルで活動を続けたブラッサイ。精選した20枚のイマージュから、彼を貫く2つの「想像力」を解き明かしていく画期的な一冊。

目次

乳母との肖像
シャモニーのブラッサイ
アルムノンヴィル館
スージーの館
ある男が路上で死んだ
巧まざる彫刻
公衆便所
コンシエルジュ
ローマ駅
デッサン―裸婦
ピカソの彫刻「死者の頭」
彫刻―うずくまる女
聖アントワーヌの誘惑
割れた鏡
バレエ・ランデヴー
ジャコメッティ1948年
太陽王
落書きの宇宙
トランスミュタシオン
モンマルトルの坂を降りる犬

著者等紹介

今橋映子[イマハシエイコ]
1961年東京生まれ。1984年学習院大学フランス文学科卒業。87年東京大学大学院比較文学・比較文化専攻修士課程修了。89‐90年パリ第四大学大学院留学。92年東京大学大学院博士課程修了、博士(学術)。筑波大学文芸・言語学系専任講師を経て、98年より東京大学大学院総合文化研究科助教授。専門は比較文学・比較文化。著書に、『異都憧憬 日本人のパリ』(柏書房、1993/平凡社ライブラリー、2001)(1994年度サントリー学芸賞および渋谷クローデル特別賞受賞)、『“パリ写真”の世紀』(白水社、2003)(2003年度重森弘淹写真評論賞、2004年度島田謹二記念学藝賞および日本写真協会賞学芸賞受賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

356
著者の今橋映子氏は東大に籍を置く比較文化学者。本書は多分にアカデミックな色合いの濃いブラッサイの評伝的批評。ブラッサイの写真20葉を各タイトルに掲げながら、彼の足跡を追う。ハンガリーに生まれたブラッサイは政治犯として故郷を喪失し、ベルリンを経てパリに向かい、そこに定住する。言語的にもハンガリー語、ドイツ語、英語と変遷を重ねるが、彼はフランス語を自らの言語として選ぶ。地理的にばかりではなく、絵画から始まり、写真そして文筆と彼は(傍目には)いとも軽々と越境してゆく。そんな彼の結実点がパリだった。2021/03/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/860025

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。