• ポイントキャンペーン

ウディ・アレンの漂う電球

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 145p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784560026977
  • NDC分類 932
  • Cコード C0074

内容説明

電球を宙に浮かしてみたり、切断されたはずのネクタイを元に戻してみたり…マジックの練習を趣味にしている16歳の少年、ポール・ポラックは、どもりぎみということもあってか、無口で、「引きこもり」がち。13歳の弟、スティーブは、反抗期真っ盛りの「ニート予備軍」。父親のマックスは、賭けごとと愛人に夢中の「ちょい不良オヤジ」。そして母親のイーニッドは、ダンサーになるという夢を果たせぬまま「キッチンドリンカー」になってしまった専業主婦。そんなポラック家に、ポールの“芸能界入り”のチャンスが訪れた―。「夢」にうなされっぱなしの、ふしぎとせつない家族の物語。

著者紹介

アレン,ウディ[アレン,ウディ][Allen,Woody]
1935年12月1日、ニューヨークのブルックリンでユダヤ人の家庭に生まれる。本名はアラン・スチュアート・コニグスバーグ。ニューヨーク大学とシティ・カレッジの両方から退学になったのち、プロの作家としてのキャリアをスタートさせ、最初はテレビやコメディアンのための台本を書いた。1964年には自分自身がコメディアンになることを決意。1965年に『何かいいことないか子猫チャン』の脚本・出演で映画界入りを果たす。1969年には『泥棒野郎』で監督デビューし、以後ほぼ年一本のペースで映画を撮り続けている。1977年には『アニー・ホール』でアカデミー賞(作品賞・監督賞・脚本賞)を受賞し、主演のダイアン・キートンに主演女優賞をもたらした。ニューヨークを舞台に映画を撮る監督として有名だが、2004年からはロンドンに渡って映画を撮影している

鈴木小百合[スズキサユリ]
東京生まれ。1977年、国際基督教大学卒業。コミュニケーション学専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)