グラーグ - ソ連集中収容所の歴史

個数:

グラーグ - ソ連集中収容所の歴史

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月24日 07時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 651,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784560026199
  • NDC分類 238.07
  • Cコード C0022

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

富士さん

5
一人暮らしを始めてはじめて入った古本屋で、ボロボロだった本書を何気なく買ったのが出会いでした。よりボロボロになったので処分しようと思ったのですが、当時の書き込みを読んでいると捨てがたくなりました。ドイツの強制収容所と違って、ロシアのものは自分の国のものであるというのが全否定しがたいところなのだと思います。特にスターリン後の洗練された姿は、空気と常識によって行われる暗黙的な収容を加味したものであり、むき出しの暴力による強制収容もその延長線上にあったとすれば、現在の日本も別次元のことだとはとても言えません。2021/06/26

BLACK無糖好き

4
著者はワシントンポスト論説委員。本書は2004年ピュリッツァー賞とダフ・クーパー賞をダブル受賞。グラーグ(ソ連集中収容所)はボリシェヴィキ革命の中に生まれ、ソヴィエト経済の重要な一環にまで発展し、スターリン死後に解体される。本書ではその歴史を余すところなく詳述すると共に、収容所での生活・労働実態も詳細に再現している。そして多くの名もなき犠牲者たちへの鎮魂歌でもあろう。よくぞこれだけの労作を書き上げてくれたと、何とも言いようのない読後の深い余韻に浸れる。自分にとってはそういう類いの本です。2015/08/24

Arte

1
何度読み直しても背景が分からないために今いち理解できなかった『収容所群島』に比べると、非常に読みやすい。おまけにスターリン死後のグラーグについても書いてある。今のロシアは、偉大な国だったのに崩壊したのだから、今さら死者を鞭打ちたくないという感情から、グラーグについて目を背けがちだが、グラーグシステムが旧共産国中心に文化として普及し、今も北朝鮮に残っていること、この歴史を知らないために、同じことが繰り返される可能性があることにも言及されている。あまりの重さに最初と最後は読みたくなくなることを除けば、お勧め。2015/01/05

m_a

1
正直テンションの下がる本ですが、さすがピュリッツァー賞をとっているだけあって内容は充実してます。強制労働は実は生産性が低いとか、収容所でも戦時中は士気が上がったというあたりは社会人にとって参考になりました。2014/01/13

LucasKBOS

0
こわいね。。2010/06/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/24293

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。