楔形文字を書いてみよう読んでみよう―古代メソポタミアへの招待

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 127p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784560026144
  • NDC分類 829.71
  • Cコード C0022

目次

序章 古代メソポタミアの歴史と文字
第1章 楔形文字を書いてみよう(楔形文字の特徴;まずこの57文字を覚えよう;楔形文字で名前を書いてみよう ほか)
第2章 楔形文字を読んでみよう(限定符;地名を読んでみよう;人名を読んでみよう ほか)
第3章 楔形文字を解読してみよう(ギルガメシュ叙事詩;王の碑文(その1)―ブラック・オベリスク
王の碑文(その2)―カルフ北西宮殿の壁画 ほか)

著者等紹介

池田潤[イケダジュン]
1961年、群馬県に生まれる。1983年、筑波大学第一学群人文学類卒業。86年、同大学大学院文芸・言語研究科文学修士。95年、テルアビブ大学大学院文化科学研究科Ph.D.現在、筑波大学大学院人文社会科学研究科助教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

びっぐすとん

16
図書館本。メソポタミアの暮らしが垣間見えるのも文字の記録があったから、文字ってすごいと思い、借りてみた。日本語の表記と共通点があって、見た目に似てる箇所はないが親近感は湧く。これドリルになってる!ひらがな練習帳みたいだよ。難しい!自分の名前を練習するコーナーもある、アッカド語にはオの母音がないから名前の半分が書けない!ウで代用するらしいが、私は本名知ってればなんとかわかってもらえるかな。大友宗麟なんて絶望的。ウウツムスウリンって誰?になる。昔通販でヒエログリフで名前を彫った幸運のペンダントってあったね。2021/01/30

ぬのさと@灯れ松明の火

3
なぞり書きするページや練習問題がある∑(゚Д゚)2018/01/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/149139

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。