三面記事の栄光と悲惨―近代フランスの犯罪・文学・ジャーナリズム

個数:
  • ポイントキャンペーン

三面記事の栄光と悲惨―近代フランスの犯罪・文学・ジャーナリズム

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月28日 18時32分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 208p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784560026113
  • NDC分類 368.6
  • Cコード C0022

内容説明

犯罪・事故・スキャンダル…欲望と謎が渦巻く三面記事事件を、大衆紙はいかに伝え、文学や映画はどう取り込んできたのか。フランス社会史の大家による最後の講義。

目次

第1章 三面記事事件(言葉の意味;言葉の内容 ほか)
第2章 ある現象の叙述(黄金時代;事件/事実 ほか)
第3章 三面記事事件前史(大革命までの三面記事事件;十九世紀前半の三面記事事件 ほか)
第4章 体験と考察(見聞記;三面記事事件について深く考えるということ ほか)
第5章 ロマン主義的変容

著者等紹介

シュヴァリエ,ルイ[シュヴァリエ,ルイ][Chevalier,Louis]
1911‐2001。フランス近代史、パリとパリ人の歴史を専門とし、その分野の権威として長くコレージュ・ド・フランス教授を務めた。現代フランスの歴史学界を代表する碩学のひとりである

小倉孝誠[オグラコウセイ]
1956年生まれ。パリ第四大学文学博士。慶応義塾大学文学部教授。専門は近代フランスの文学と文化史

岑村傑[ミネムラスグル]
1967年生まれ。パリ第四大学文学博士。慶応義塾大学文学部助手。専門はジャン・ジュネを中心とした二十世紀フランス文学
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

nranjen

2
狙っていた時代より若干古いが、いろいろ面白い情報も入手できた。あとがきが勉強になった。フィガロがプチジュルナルに続いて一時期三面記事で中心的存在だったなんて!モーパッサンのベラミのモデルがいたなんて!2018/05/11

Metonymo

1
「バルザックにとっては本筋の物語の背景でしかない三面記事のひしめきに、より大きくより多く仔細な関心を注ぐ事はできはしないだろうか」バルザック、スタンダール、フローベール、ゾラらの19世紀。新興階級の登場、ジャーナリズム・メディアの発達、近代化の過程で三面記事はまさにその中心にあった。「私の関心を引くのは、三面記事事件そのものであり、そこに現れる歪んだ顔、ぼろ着、変装、大げさな身振り、叫び、奇矯である」2013/05/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/39447

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。