三面記事の栄光と悲惨―近代フランスの犯罪・文学・ジャーナリズム

個数:

三面記事の栄光と悲惨―近代フランスの犯罪・文学・ジャーナリズム

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年06月22日 12時55分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 208p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784560026113
  • NDC分類 368.6
  • Cコード C0022

内容説明

犯罪・事故・スキャンダル…欲望と謎が渦巻く三面記事事件を、大衆紙はいかに伝え、文学や映画はどう取り込んできたのか。フランス社会史の大家による最後の講義。

目次

第1章 三面記事事件(言葉の意味;言葉の内容 ほか)
第2章 ある現象の叙述(黄金時代;事件/事実 ほか)
第3章 三面記事事件前史(大革命までの三面記事事件;十九世紀前半の三面記事事件 ほか)
第4章 体験と考察(見聞記;三面記事事件について深く考えるということ ほか)
第5章 ロマン主義的変容

著者等紹介

シュヴァリエ,ルイ[シュヴァリエ,ルイ][Chevalier,Louis]
1911‐2001。フランス近代史、パリとパリ人の歴史を専門とし、その分野の権威として長くコレージュ・ド・フランス教授を務めた。現代フランスの歴史学界を代表する碩学のひとりである

小倉孝誠[オグラコウセイ]
1956年生まれ。パリ第四大学文学博士。慶応義塾大学文学部教授。専門は近代フランスの文学と文化史

岑村傑[ミネムラスグル]
1967年生まれ。パリ第四大学文学博士。慶応義塾大学文学部助手。専門はジャン・ジュネを中心とした二十世紀フランス文学
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。