エセー〈6〉

個数:
電子版価格 ¥1,980
  • 電書あり

エセー〈6〉

  • ウェブストアに12冊在庫がございます。(2021年10月23日 17時40分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 341p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784560025796
  • NDC分類 954
  • Cコード C1010

出版社内容情報

知識人の教養書として、古くから読みつがれてきた名著、待望の新訳!「役立つことと正しいことについて」「後悔について」など8編。

知識人の教養書として、古くから読みつがれてきた名著、待望の新訳!「役立つことと正しいことについて」「後悔について」「気持ちを転じることについて」「話し合いの方法について」など8編収録。

【著者紹介】
1533~1592年。16世紀ルネサンス期のフランスを代表する哲学者。

内容説明

モンテーニュの真骨頂「第三巻」。性愛、結婚・恋愛について赤裸々に語った「ウェルギリウスの詩句について」ほか、「役立つことと正しいことについて」「後悔について」「気持ちを転じることについて」「話し合いの方法について」など8編を収録。

目次

第1章 役立つことと正しいことについて
第2章 後悔について
第3章 三つの交際について
第4章 気持ちを転じることについて
第5章 ウェルギリウスの詩句について
第6章 馬車について
第7章 高貴な身分の不便さについて
第8章 話し合いの方法について

著者等紹介

モンテーニュ,ミシェル・ド[モンテーニュ,ミシェルド] [Montaigne,Michel de]
1533‐1592。フランス・ルネサンスを代表する哲学者・モラリスト。ボルドー高等法院等で裁判官を16年間務めたのち、37歳で領地のモンテーニュに隠退する。以後家長として領地管理に当たる傍ら、読書と思索に身を捧げる。1580年に『エセー』初版(第一、二巻)を発表。ドイツ・イタリアなどへの一年半にわたる大旅行を経て、1581~1585年にボルドー市長を務める。1588年に『エセー』第三巻を刊行、同時に初版に大幅な増訂を行なう

宮下志朗[ミヤシタシロウ]
1947年生まれ。放送大学教授、東京大学名誉教授。フランス・ルネサンスの文学と社会、書物の言語態(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はなよ

8
濃い。5巻までとは違い、カルピスの原液のごとく凝縮されたモンテーニュの思想は、真面目に読んでるとこちらまで洗脳されてしまう。運命を頼り、それに逆らわないことが一番という言葉を真に受けてしまうと、何もかも無気力になってしまう。私はあやうく飲み込まれるとこだった。なので、読む時は軽くサラっと読みぐらいでいいかもしれない。2017/10/12

ハルバル

5
いつもモンテーニュを読んで思うのは本当に16世紀の人間なのかということで、これまで以上に自分について率直に赤裸々に語る第三巻にあたる今巻を読むと本当に、彼自身と会って話しているかのような錯覚を抱き、親しみさえ感じてしまう。優れた書物はえてしてそうである。プルタルコスやタキトゥスを褒めるあたり気が合いそうだし(笑)はたして最終巻で彼が何を語るのか楽しみです。女性や恋愛について語る「ウェルギリウスの詩句について」はさすがフランス人、恋愛についての考え方がスマートというか洒落てるなぁ2015/12/25

amanon

4
愚直に一巻から読み進めてきた苦労がここにきてやっと報われた感が…と言えば、若干大袈裟だが、それでもほぼ巻を追う毎に魅力が増してきた気がする。とりわけこの本には幾度となく付箋を貼ってきた。それでもやはり一抹の手強さを覚えたのも確か。一読して意味が理解できず、読み飛ばしたことも少なからずあるし、何より章のタイトルと内容があまり合致していない、もしくは章の流れが一貫してると思えないこともあるというのが、手強さの最たるものか。ただ、それが更なる探究心を掻き立て、更に深く読んでみたいという気にさせられるのが驚異。2021/04/08

Hotspur

1
訳者のおすすめに従って、『6』から読む。楷書で正座で几帳面な原二郎訳に比べると、宮下訳は胡座をかいてリラックスしたモンテーニュという感じ。読みやすさは大分違う。表現や文体にも変化を持たせて闊達。ちなみに「ウェルギリウスの詩句について」(タイトルからの想像とは全く違う内容の章)を読み比べるとその違いは瞭然。2019/12/11

takawagner

0
このエセーはいろんな話が飛び出してくるので、読み終わった頃には何が書かれていたか、ちっとも思い出せませんでした。ですから、気になる箇所には付箋を貼っていたのですが、その付箋の数がこの巻は最多でした。100箇所以上! 2016/12/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8989040

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。