エセー〈6〉

個数:
電子版価格 ¥1,944
  • 電書あり

エセー〈6〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年11月20日 00時01分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 341p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784560025796
  • NDC分類 954
  • Cコード C1010

内容説明

モンテーニュの真骨頂「第三巻」。性愛、結婚・恋愛について赤裸々に語った「ウェルギリウスの詩句について」ほか、「役立つことと正しいことについて」「後悔について」「気持ちを転じることについて」「話し合いの方法について」など8編を収録。

目次

第1章 役立つことと正しいことについて
第2章 後悔について
第3章 三つの交際について
第4章 気持ちを転じることについて
第5章 ウェルギリウスの詩句について
第6章 馬車について
第7章 高貴な身分の不便さについて
第8章 話し合いの方法について

著者紹介

モンテーニュ,ミシェル・ド[モンテーニュ,ミシェルド] [Montaigne,Michel de]
1533‐1592。フランス・ルネサンスを代表する哲学者・モラリスト。ボルドー高等法院等で裁判官を16年間務めたのち、37歳で領地のモンテーニュに隠退する。以後家長として領地管理に当たる傍ら、読書と思索に身を捧げる。1580年に『エセー』初版(第一、二巻)を発表。ドイツ・イタリアなどへの一年半にわたる大旅行を経て、1581~1585年にボルドー市長を務める。1588年に『エセー』第三巻を刊行、同時に初版に大幅な増訂を行なう

宮下志朗[ミヤシタシロウ]
1947年生まれ。放送大学教授、東京大学名誉教授。フランス・ルネサンスの文学と社会、書物の言語態(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

知識人の教養書として、古くから読みつがれてきた名著、待望の新訳!「役立つことと正しいことについて」「後悔について」など8編。

知識人の教養書として、古くから読みつがれてきた名著、待望の新訳!「役立つことと正しいことについて」「後悔について」「気持ちを転じることについて」「話し合いの方法について」など8編収録。

【著者紹介】
1533~1592年。16世紀ルネサンス期のフランスを代表する哲学者。