エセー〈5〉

個数:
電子版価格 ¥2,090
  • 電書あり

エセー〈5〉

  • ウェブストアに9冊在庫がございます。(2021年10月20日 20時57分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 383p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784560025789
  • NDC分類 954
  • Cコード C1010

出版社内容情報

知識人の教養書として古くから読みつがれてきた名著、待望の新訳!第5巻は「栄光について」「嘘をつくこと」「怒りについて」など。

【著者紹介】
1533~1592年。16世紀ルネサンス期のフランスを代表する哲学者。

内容説明

その真理探究の方法、人間認識の深さによって多くの思想家に影響を与えてきた古典的名著。「栄光について」「嘘をつくこと」「なにごとにも季節がある」「怒りについて」など25編を収録。

目次

第2巻(つづき)(他人の死について判断すること;われわれの精神は、いかにそれ自体がじゃまになるか;われわれの欲望は、困難さによってつのること;栄光について;うぬぼれについて;嘘をつくこと;信教の自由について;われわれはなにも純粋には味わわない ほか)

著者等紹介

宮下志朗[ミヤシタシロウ]
1947年生まれ。放送大学教授。フランス・ルネサンスの文学と社会、書物の言語態(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はなよ

8
とにかく長い「レーモン・スボンの弁護」と、作風が変わる六巻(原典でいう三巻)に挟まれたこの五巻は、エセーにおける最後の癒やし(?)とも言えるかもしれない。私はこの巻が一番好きだ。原典における二巻の最後を収録しているからか、今までの集大成的な章も多く、奇形児や宿についてなどの小ネタがちょくちょく挟み込まれて、肩の力を抜いて読める。2017/10/06

amanon

5
理解の程はともかくとして、これまで読んできた本シリーズの中でも、とりわけ楽しめた気がする。とにかく著者ならではの、幅広い教養と知識と鋭い知見に改めて驚嘆。今更だが、『徒然草』と愛通じるものを感じることしきり。正直言うと、立ち止まって考えなければ…と思う箇所が少なからずあったが、つい飛ばしてしまった。再読する時の楽しみにしようという言い訳をして(笑)。しかし、実際、そういう読み方を許容するテキストだと思う。個人的に驚きというか、新鮮だったのは、カサエルを高く評価していること。この辺り探求の価値があるかも。2021/03/04

ハルバル

3
モンテーニュの語りにもすっかり慣れ、縦横無尽に引用される古典の逸話を堪能しました。「信教の自由について」ではユグノー戦争中に出された寛容令を例に「国の分裂を煽るだろう」と、背教者ユリアヌスの逸話を引用。現代もなお続く宗教対立もあって、考えさせられます。高齢化社会の現代では、老人が学ぶ事に難色を示す意見にはあまり賛同できないかな。ちなみに彼が選ぶ「傑出した三人の男性」は「ホメロス・アレクサンドロス・エパメイノンダス」だそうです。あれほど徳を称賛する小カトーが入らないのは意外。総合力で劣るからか?2015/11/30

Hotspur

1
「うぬぼれについて」では身体的特徴を含めた様々な自己観察が展開される。「わたしの身長は、平均よりも少しだけ低い・・・がっちりした、丈夫な体格で、顔だって、ぼてっとふくらんではおらず、ひきしまっている」。「子供が父親と似ることについて」では、そのほとんどが医学に対する不信の表明に費やされる。これが初版最後の章で、「人間の思考のもっとも普遍的な性質とは、多様性にほかならないのである」の一言で締められる。『エセー』の再旅行を恙なく終えることが出来たこと、そして存分に楽しめたことについて、訳者に感謝したい。2019/12/26

ピリカ・ラザンギ

1
25章の短編からなる5巻。昔の風俗とか。「第18章噓をつくこと」にこの本を書くことについての記述。「第29章徳について」に「ハシーシ人[『暗殺教団」シーア派のイスマイール分派]天国に行くための近道は、自分たちとは反対の宗教を奉ずる人間を殺すことだと思っている。」という記述がある。2019/04/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6017733

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。