ヒルティ伝 (新装復刊)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 250p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784560024683
  • NDC分類 289.3
  • Cコード C1010

出版社内容情報

『幸福論』『眠られぬ夜のために』の著者として知られるヒルティの生涯をたどると同時に、彼の思想をコンデンスした格好の入門書でもある。

内容説明

心に残る名言・格言の宝庫として世界中で読みつがれている永遠の名著『幸福論』『眠られぬ夜のために』の著者であり、スイスが近代国家として成立する時代の精神的支柱だった法学者・思想家カール・ヒルティ。その生涯をたどる本書は、人生百般についての彼の滋味深い言葉が豊富に引用されており、ヒルティの思想そのものを凝縮した格好の入門書でもある。

目次

生い立ちから大学時代まで
クールの弁護士時代
ベルン大学教授として
祖国に奉仕して
国民の教育者ヒルティ
倫理・宗教に関する著述家ヒルティ
キリスト者にして神の友なるヒルティ
晩年

著者等紹介

国松孝二[クニマツコウジ]
1906‐2006年。1930年東京大学文学部独文科卒。東京大学名誉教授

伊藤利男[イトウトシオ]
1931年生。1954年東京大学文学部独文科卒。九州大学文学部名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

新生

4
訳者のあとがきに、ヒルティがキリスト教信仰を把持するに至った過程をもっと深く掘りさげてほしかったとあるように、多少の物足りなさを感じる。30代で経験したという新生について詳しく知りたかったが、それについての詳しい記述はなし。『眠られぬ夜のために』や『幸福論』を読んだ人は本書を読まなくても問題ないと思う。やはり、ヒルティ自身の著作に触れるのが一番だ。2020/10/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1197665

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。