カントの宗教哲学〈上〉 (新装復刊)

個数:

カントの宗教哲学〈上〉 (新装復刊)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年06月23日 18時12分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 306p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784560024461
  • NDC分類 161.1

内容説明

宗教哲学の基本概念「神」「自由」「魂の不死」をカントの『純粋理性批判』『実践理性批判』(上巻)、『判断力批判』(下巻)のなかに探り、のちの「倫理的神秘主義」哲学の展開の端緒となった著者最初期の画期的労作。

目次

第1部 『純粋理性批判』の「宗教哲学的スケッチ」(「宗教哲学的スケッチ」と批判的観念論の「宗教哲学的プラン」との関係;先験的理念の体系と宇宙論的理念の体系と「三つの理念の図式」との間に見られる関係;自由の本質およびこれと相関的な二つの世界の構造;最高善の問題と神および不死性の二理念との関係;『純粋理性批判』における宗教哲学の全体的構造に関する回顧、特にプランとスケッチの関係および二つの思想の歩みについて)
第2部『実践理性批判』(『実践理性批判』に対する問題の提出;「分析論の批判的吟味」および『宗教論』第一篇における自由の問題;「弁証論」における最高善と要請の問題;結論。『実践理性批判』における宗教哲学のプランおよびその意義)

著者紹介

シュヴァイツァー,アルベルト[シュヴァイツァー,アルベルト][Schweitzer,Albert]
1875‐1965。アルザスの生まれのプロテスタント神学者、哲学者、医者、音楽家。1952年ノーベル平和賞

出版社内容情報

カントの思想の展開を原典に即して克明に分析すると同時に、批判的観念論、道徳、目的論的世界観等の立場を貫いた宗教哲学の豊かな姿を描き出す。