絶滅していく言語を救うために―ことばの死とその再生

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 382,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784560024430
  • NDC分類 801.03
  • Cコード C1080

内容説明

世界各地の少数言語の「生態」を幅広くとりあげ、ことばの「死」と「再生」の過程を明快に分析しながら、言語帝国主義に警鐘を鳴らす画期的な論考。

目次

第1部 言語と生命(言語、生命の供給源;生物種としての言語;ラングとパロール ほか)
第2部 言語と死(死語とはなにか;言語の消滅の道;言語消滅の原因の数々 ほか)
第3部 言語の再生(ヘブライ語:生から死へ、死から生へ;言語の再生と新生、クレオール語、言語育成)

著者等紹介

糟谷啓介[カスヤケイスケ]
1955年生。1987年一橋大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。社会言語学・言語思想史専攻。一橋大学大学院言語社会研究科教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

aiaimo`olelo

23
2週間に1つ、世界のどこかで言語が消えている。言語も生き物。食うか、食われるか、だ。そして、そんな言語の運命は社会政策の掌に握られている。 「最後の話者」は世界のあちこちに点在するように増えてきた。そんな最後の話者の、脳の劣化は驚くほど早い。 だからといって保護を施策すると、どこかに無理を生じる。保護される側も苦しいのだ。生きにくくなった故に自然の摂理で絶滅に向かっているところを、保護され「生きろ」と強いられているトキだってほんとうは苦しいかもしれない。このまま消滅させてくれと願っているかもしれない。2020/11/19

びっぐすとん

11
図書館本。TVで話者が一人しかいない言語を話す男性(他の言語は話せない)の番組を観て借りてみたが専門的すぎた!理解出来る部分の拾い読みだが、現在言語の消滅スピードは著しく、今世紀の終わりには大部分が消滅するかもしれず、言語の多様性の喪失は文化の多様性の喪失に繋がるそうだ。文字も資料もない言語は存続も復活も出来ない。英語に劣等感がありバイリンガルに憧れても、日本語を大事に思っているし消滅なんて許さない。英語が唯一の言語になっても皆が分かりあえる訳はなく、バベルの塔は完成しないだろう。言葉は弱肉強食なのだ。2018/12/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/222962

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。