おはなし科学・技術シリーズ<br> バイオメトリクスのおはなし―あなたの身体情報が鍵になる

個数:
  • ポイントキャンペーン

おはなし科学・技術シリーズ
バイオメトリクスのおはなし―あなたの身体情報が鍵になる

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月08日 05時41分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 140p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784542902787
  • NDC分類 007.1

内容説明

バイオメトリック認証とは、生体情報として指紋、顔、血管パターン、虹彩などの身体的特徴、あるいは筆跡、音声などの行動的特徴を用いて本人を確認する技術です。バイオメトリック認証は、これから本格的に私たちの日常生活に浸透してくる技術です。とても便利で、より安全で安心な生活環境の実現が期待される一方、他の技術と同様、必ずしも完璧なものではありません。バイオメトリック認証について正しい知識を得て、その結果、利用の仕方をよく知ってもらうことで、私たちにとってさらに身近な技術になってくれると考えています。

目次

第1章 バイオメトリクスを知る
第2章 いろいろなバイオメトリクス
第3章 技術を活かすも殺すも使い方次第
第4章 バイオメトリクスの活用事例
第5章 みんなが安心して使えるように―標準化
第6章 バイオメトリクスとプライバシー
第7章 バイオメトリクスのこれまでとこれから

著者紹介

小松尚久[コマツナオヒサ]
1956年1月東京都生まれ。1979年3月早稲田大学理工学部電子通信学科卒業。1981年3月同大学院理工学研究科電気工学専攻修士課程修了。1981年4月日本電信電話公社入社。1987年4月早稲田大学理工学部助手。1996年4月同教授(2007年4月より早稲田大学理工学術院)。早稲田大学副館長(2002~2007年)。早稲田大学理工学術院基幹理工学部教務主任(2007~2008年)。個人認証を中心とするセキュリティ技術、情報ネットワークシステムの安全性・信頼性に関する研究に従事、工学博士。主な委員会活動:電子情報通信学会:オフィスシステム研究専門委員会委員長、バイオメトリクスセキュリティ研究会副委員長、ハンドブック委員会幹事長ほか。画像電子学会:理事、編集委員長。総務省:情報通信行政・郵政行政審議会委員、ITU‐Tセキュリティ・言語委員会主査。日本バイオメトリクス認証協議会(JBAA)会長、日本規格協会バイオメトリクス標準化調査研究委員会委員長、ISO/IEC JTC1 SC37 WG5国内委員会主査ほか

内田薫[ウチダカオル]
1961年4月、東京都生まれ。1984年3月東京大学工学部卒業。1991年3月スタンフォード大学大学院コンピュータサイエンス学科修士課程修了。2003年3月東北大学大学院情報科学研究科博士課程修了。博士(情報科学)。1984年4月NEC入社。画像処理システム、バイオメトリクス技術の研究に従事、モバイルターミナル技術本部にて携帯電話のセキュリティなど技術企画に従事。主な委員会活動:国内:日本規格協会バイオメトリクス標準化調査研究委員会委員(2001~2004年)、ISO/IEC JTC1 SC37 WG5国内委員会幹事(2003年~)、日本規格協会バイオメトリクス認証装置の精度評価方法標準化調査研究委員会委員(2006~2008年)。主な委員会活動:国際:ISO/IEC JTC1 SC37 WG5国際委員(2003年~)、ISO/IEC19795‐3プロジェクトエディタ(2005年~)、ISO/IEC19795‐3開発への貢献に対し情報処理学会情報規格調査会より国際規格開発賞を受賞(2008年)

池野修一[イケノシュウイチ]
1964年8月長野県生まれ。1989年3月慶應義塾大学理工学研究科計測工学専攻卒業。1989年4月セコム株式会社入社、IS研究所配属。音声認識、マルチモーダルインターフェース、センシング技術、バイオメトリクス、電子認証技術等の研究開発に従事。2004年11月IS研究所先端研究ディビジョンマネージャー。主な委員会活動:日本規格協会バイオメトリクス標準化調査研究委員会WG3委員(2001~2003年)。ISO/IEC JTC1 SC37 WG6国内小委員会主査(2003年~)。バイオメトリクスセキュリティコンソーシアム基盤技術部会部会長(2003~2006年)。IPAバイオメトリクス・セキュリティ評価に関する研究会委員(2006年~)

坂野鋭[サカノヒトシ]
1963年10月岩手県生まれ。1990年3月埼玉大学大学院理学研究科物理学専攻卒業。1990年4月NTTデータ通信株式会社(当時)入社、技術開発本部にて画像パターン認識技術、データマイニングなどの研究開発に従事。2008年4月NTTコミュニケーション科学基礎研究所入所、機械学習などの研究に従事。主な委員会活動:日本規格協会E‐コマース標準化調査研究委員会バイオメトリクス部会委員(1999年)。日本規格協会バイオメトリクス標準化調査研究委員会WG2主査(2000~2002年)。日本規格協会バイオメトリクス認証装置の精度評価方法標準化調査研究委員会委員(2006~2008年)。ISO/IEC JTC1 SC37 WG5国内委員会幹事(2002年~)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)