おはなし科学・技術シリーズ<br> おはなしMT(マハラノビス・タグチ)システム―予測・推測の可能性を広げる品質工学手法

個数:
  • ポイントキャンペーン

おはなし科学・技術シリーズ
おはなしMT(マハラノビス・タグチ)システム―予測・推測の可能性を広げる品質工学手法

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月08日 15時08分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 202p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784542902732
  • NDC分類 509.66

内容説明

本書は、MTシステムの入門者に対象を絞り、「MTシステムって何だろう?」という疑問に答えるべく、その成り立ちと実例を、易しく解説したものである。

目次

MTシステムって何?
電気通信大学でのMTシステムの始まり
MTシステムのソフトウェアが作られた
衣服の着心地もMTシステムで
手書き文字を自動で読み取る
プログラマの能力が予測できないか
MTシステムは病気の診断から始まった
半導体のはんだ付けの外観検査を自動化する
携帯電話の水晶振動子のごみ
製品の使いやすさもMTシステムで
画像評価のポイントはMTシステム
企業の健康状態を診断する
観測のうまい人とへたな人を識別する
宇宙に飛んだ衛星の故障
MTはパラメータ設計である
多変量解析とMTシステムの相違
MTシステムの数理
何が問題か
これから何をしたらよいか

著者紹介

鴨下隆志[カモシタタカシ]
前独立行政法人産業技術総合研究所。株式会社オーケン、工学博士。主な受賞研究、MTS法の故障診断プログラムへの適用―将来宇宙機用ソフトウエアに関する研究(第1報)―(2000)。マハラノビスの距離を用いた衝突防止センシングシステムの研究(1998)。マハラノビス距離による多次元情報システムの最適化―火災報知システムの場合(1997)。ジャケットの着心地のマハラノビスの距離による検討(1996)

矢野耕也[ヤノコウヤ]
株式会社ツムラ、工学博士。主な受賞研究、漢方問診データのMTシステムによる定量化の研究(2003)。医療のIT化とMT法を用いたEvidence‐Based Medicineの実践(2003)。漢方薬の配合比の最適化とモデル動物による薬効評価の検討(1)(2002)。漢方薬の造粒に対する新しい動的機能窓法(速度比法)の適用(1999)

高田圭[タカダケイ]
セイコーエプソン株式会社。主な受賞研究、直交表を使ったソフトウェアのバグ発見の効率化(2001)。健康診断データを用いたMTS法による予測の研究―今年の健康から来年の健康を予測する方法―(2000)。ソフトウェア誤り検出能力の評価に関する基礎的研究(1997)

高橋和仁[タカハシカズヒト]
電気通信大学。主な受賞研究、電力を利用した切削加工条件の最適化(2001)。切削加工における動特性のSN比の研究―L12直交表による網掛け実験の検討―(1998)。マハラノビス距離による多次元情報シスてムの最適化―火災報知システムの場合―(1997)。生産工程における機械部品の管理の実態(1997)