光人社NF文庫<br> 一式陸攻戦史―海軍陸上攻撃機の誕生から終焉まで

個数:
  • ポイントキャンペーン

光人社NF文庫
一式陸攻戦史―海軍陸上攻撃機の誕生から終焉まで

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ 文庫判/ページ数 530p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784769831037
  • NDC分類 391.2
  • Cコード C0195

内容説明

陸上基地を発進、遥か洋上の敵主力艦を雷爆撃する。日本海軍独自の戦術思想を具現化した「陸上攻撃機」(陸攻)。中国への渡洋爆撃で弱点を露呈した九六陸攻の後継機として太平洋戦争全期にわたって戦い続けた一式陸攻の初の通史。開発経緯、初陣から最後の任務まで、綿密な取材で綴った決定版。

目次

第1部 つかの間の栄光(誕生;デビュー ほか)
第2部 嵐の予兆(大艦巨砲主義は終わったか―ジャワ沖とガスパール海峡の戦い;米機動部隊との激突 ほか)
第3部 苦闘の始まり(ソロモン艦空戦(一)―カクタス空軍との戦いの始まり
ソロモン航空戦(二)―光芒一閃 レンネル島沖の闘い ほか)
第4部 打ち続く敗北(ワレ、絶海ノ空ニアリ―中部太平洋の落日;潰え去った決戦航空隊―絶対国防圏の崩壊 ほか)
第5部 終焉(沖縄・最後の闘い―人間爆弾、夜偵、練空特攻、そして沖縄への道程;陸攻、闘いの果てに)
一式陸攻とは何だったのか

著者等紹介

佐藤暢彦[サトウノブヒコ]
1957年神奈川県生まれ。大学卒業後、出版社に勤務。数多くの戦記、戦史に関する単行本、文庫を編集した。現在はフリーランスの編集者、ライター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。