リスク及び機会実践ガイド―ISO14001を中心に

個数:

リスク及び機会実践ガイド―ISO14001を中心に

  • ウェブストアに22冊在庫がございます。(2019年06月26日 22時59分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 187p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784542402690
  • NDC分類 519.13
  • Cコード C3050

内容説明

ISOマネジメントシステムの“リスク”“機会”がわかる!附属書SLベースのISO MSSに共通する要求事項である“リスク及び機会への取組み”を詳解!ISO14001/ISO9001/2015年版準拠。

目次

第1章 Q&A
第2章 附属書SLと“リスク及び機会”
第3章 ISO 14001と“リスク及び機会”
第4章 “リスク及び機会”とEMSの主要な要素との関係
第5章 複数マネジメントシステムの統合的利用と“リスク及び機会”
第6章 監査・審査における“リスク”の考え方
第7章 これからのEMSと“リスク及び機会”

著者等紹介

吉田敬史[ヨシダタカシ]
1972年東京大学工学部電気工学科卒業。三菱電機株式会社入社。1974年~75年米国ウエスティングハウス社留学。1975年三菱電機株式会社制御製作所にて、電力系統保護システムの設計開発業務に従事。1991年三菱電機株式会社環境保護推進部。2004年三菱電機株式会社環境推進本部本部長。2006年三菱電機株式会社退職、合同会社グリーンフューチャーズ設立。現在、合同会社グリーンフューチャーズ代表、など。平成11年度工業標準化事業功労者通商産業大臣賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

ISO14001の2015年改訂において新しく導入された要求事項に「リスク及び機会」がありますが、馴染みの薄い概念のため、ユーザーからの疑問がよく聞かれます。 本書は、この「リスク及び機会」にスポットを当てた解説書です。ユーザーからよく聞かれる疑問に対して、ISO14001:2015の審議に日本代表委員(エキスパート)として参加した筆者によるQ&A形式での解説から、検討の経緯、ISO14001:2015の各箇条との繋がりまで、「リスク及び機会」の概念を詳細に解説しています。 同時期に改訂されたISO9001:2015にも「リスク及び機会」の概念は導入されているため、ISO9001:2015を利用している方にもぜひ手に取って頂きたい1冊です。