人間選書<br> 日本農法の水脈―作りまわしと作りならし

個数:

人間選書
日本農法の水脈―作りまわしと作りならし

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 270p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784540960642
  • NDC分類 612.1
  • Cコード C0061

目次

1章 「農芸」としての日本農法―日本列島に息づく生きもの観
2章 晴れ着の農書・野良着の農事日誌―在地農法の改良・普及・受容
3章 農書にみる近世の幕あけ―水田における作りまわしと作りならし
4章 日本農学の開明と攘夷―大蔵永常と佐藤信淵
5章 本音で語る農民たちの近代―在地農法をめぐる「外来」と「在来」
6章 作りまわしの大和農法―地場と旬の農業づくりへ
7章 作り・暮らし・いのちの「農芸」―守田志郎を受け継ぐ

出版社内容情報

膨大な近世農書群を狭い農業書としてだけでなくヒト、モノ、情報の交流をとおして地域社会をつくった土台ととらえ、農民の生きもの観と「藝」としての日本農法の形成過程を追う。日本農書全集収録文献検索リスト付。