人間選書<br> 過剰人口―神話か脅威か?

個数:

人間選書
過剰人口―神話か脅威か?

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 186p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784540960628
  • NDC分類 334.3
  • Cコード C0036

目次

第1部 今日、我々は何処に居るのか?(世界の人口―なお急速な増加;食物の補給―過剰の幻想;エコロジィ―確実性、不確実性と危機)
第2部 我々は何処へ行く?(人口―一方の諸国では急速な増加、他方の諸国では減少の危険;危険なカップル―過剰人口と経済発展;どれほどの生活水準にどれほどの人口?)

出版社内容情報

「人類の将来は過剰人口によって脅威される」と危惧する著者が、環境問題、農業技術の発展見通し、食行動の変化、統計の不確実さ、家族計画など人口と食糧にまつわる楽観、悲観、中庸あらゆる論点を総ざらえ。