人間選書<br> 地域の未来と子どもの未来―離島教育の実践の中から

個数:
  • ポイントキャンペーン

人間選書
地域の未来と子どもの未来―離島教育の実践の中から

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月10日 11時58分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 234p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784540911170
  • NDC分類 370.4

内容説明

子どもたちが将来島外で生活する場合には、自分一人を頼りに生活を切り開いていかねばならない。島に残れば残るで衰退していく島の立て直しをはからねばならない。知識偏重の教育で、その力がつくのだろうか?将来は島に生きるか島から出て生きるか、いずれにせよ自己を生かす生き方を子どものうちから考えねばならないことは、むしろ島に生まれたすばらしい幸せではないのか?島の未来と子どもの未来の「板ばさみ」を超え、子どもたちの「島を思う心」と「生き方」を結ぶ、地域に根ざす教育実践。

目次

第1章 進路指導は子どもと島の板ばさみ―島の教育の困難と可能性
第2章 「板ばさみ」を超えて―島の問題の発見と、生き方の確立を支援する教育
第3章 「生き方」と「島を思う心」を結ぶ―「新しい島の教育」構想と授業の実践
終章 子どもたちは何を学んだか―それぞれの未来、島の未来

出版社内容情報

三河湾に浮かぶ人口540人の小さな島。子どもたちへの進路(進学)指導が、島の過疎化に拍車をかけているのではと悩んだ教師たちが、島の問題を見つめ、その対策を考えることで生きる力を切り開く教育をめざす。