辰巳芳子のことことふっくら豆料理―母の味・世界の味

個数:
  • ポイントキャンペーン

辰巳芳子のことことふっくら豆料理―母の味・世界の味

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月03日 23時01分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 214p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784540910159
  • NDC分類 596.3

内容説明

チキン、ヴィヨンに煎り大豆、糠床にも大豆、打ち豆や黒豆のサラダ、白隠元のミネストローネ…。「豆料理は甘い」「手間がかかる」の先入観を捨て、素直な心で向かい合うとき、見落としていた豆本来の味と力が見えてくる。明治生まれ、江戸っ子の母から受け継いだ豆料理はゆずろうとしてゆずることのできない家庭料理の神髄を、南欧の家庭に長逗留して学んだ料理は新しく取り入れたい世界の豆料理の知恵を伝える。レシピ91点。

目次

大豆―「いくらお替りしてもよいお菜」
豆腐・味噌・醤油―日本の風土に生きるからには
小豆―大仕事をする日の大納言
隠元・豌豆・レンズ豆・空豆・ガルバンソ―その豆圏の豆の扱いの知恵とふれ合う

出版社内容情報

おいしくて栄養があって、だけど作るのが面倒と、つい敬遠されがちな豆料理を家庭の食卓に取り戻す。江戸っ子の母から受け継いだ味は家庭料理の真髄。南欧の家庭に学んだ洋風の知恵。縦横無尽の料理で豆を楽しむ。