全集 伝え継ぐ日本の家庭料理<br> 四季の行事食

個数:

全集 伝え継ぐ日本の家庭料理
四季の行事食

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年02月23日 18時29分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 127p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784540191961
  • NDC分類 596.21
  • Cコード C2377

出版社内容情報

日本には、初午、ひな祭り、お彼岸、田植え、お盆、秋祭り、報恩講と四季を通じて行事があり、その日のための料理が地域ごとに引き継がれています。大切な素材を使い、丁寧に下ごしらえしてつくったごちそうを食べることが、明日からの労働の活力源に、そして暮らしの節目にもなっていました。

●本全集は日本全国47都道府県、およそ昭和35年から45年までに地域に定着していた家庭料理のなかから、地域の人々が次の世代以降もつくってほしい、食べてほしいと願っている料理を、日本調理科学会の研究者が約1400品選んだものです。実際に現地に伺い、聞き書きによってつくり方の詳細を明らかにし、その工程やできあがりを撮影し記録しました。
●対象とした昭和半ばは日本人の食生活が大きく変わった高度経済成長期です。台所は板の間になり、ガスが引き入れられました。農業生産力は大幅に向上し漁業生産が高まり畜産も盛んになってきた時期で食卓はどんどん豊かになっていきました。生活の洋風化も進みましたが、食生活は地域の特徴や、保存や貯蔵の技など自給的な色彩もまだふんだんに残っていました。
●本全集は地域それぞれにある家庭料理の背景、その土地の気候風土、暦の節目にあたる行事やハレの日を解説し、それらにまつわる思い出とともに紹介しています。
●神社仏閣などの有形文化財は保存・保護されていきますが、形の残らない 食文化は時間の経過とともに失なわれていきます。地域ごとの歴史や生活習慣にも思いをはせ、 それらと密接に関わっている食文化について共通認識を持つことで地域コミュニティーも受け継がれていきます。親から子へ、そして孫へと家庭料理を残し、伝え継いでいきたい食文化の記録です。

目次

新春・初午・旧正月(だんごばら(山梨県・小正月)
松の内がゆ(東京都・七草) ほか)
春から夏(おいり(鳥取県・ひな祭り)
からすみ(岐阜県・ひな祭り) ほか)
秋から冬(昆布巻き(福井県・秋祭り)
貝のひも煮(山梨県・安産祭り) ほか)
冠婚葬祭(干し魚入りの煮しめ(岩手県)
しめ豆腐(群馬県) ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

りお

21
聞いたことない料理がほとんどで同じ日本なのにこれだけ風習が違うのは不思議な感覚。2022/06/18

遠い日

4
「伝え継ぐ日本の家庭料理」シリーズ。このシリーズは実用も兼ねているのですが、料理の写真集的にも楽しめるので好きです。日本各地の四季の行事食。聞いたこともない、ましてや見たこともない個人的には珍しい料理がたくさん紹介されていてわくわくしました。2022/03/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18815560
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。