全集 伝え継ぐ日本の家庭料理<br> 年取りと正月の料理

個数:

全集 伝え継ぐ日本の家庭料理
年取りと正月の料理

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年02月25日 18時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 127p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784540191954
  • NDC分類 596.21
  • Cコード C2377

出版社内容情報

雑煮はもちが主役のシンプルなものから、山海の幸を入れた豪華版まで、約50種が集合。正月のために何カ月も仕込むなれずしや、地域で違う煮しめや昆布巻き、煮豆、なますなど1年で一番のごちそうが揃います。

●本全集は日本全国47都道府県、およそ昭和35年から45年までに地域に定着していた家庭料理のなかから、地域の人々が次の世代以降もつくってほしい、食べてほしいと願っている料理を、日本調理科学会の研究者が約1400品選んだものです。実際に現地に伺い、聞き書きによってつくり方の詳細を明らかにし、その工程やできあがりを撮影し記録しました。
●対象とした昭和半ばは日本人の食生活が大きく変わった高度経済成長期です。台所は板の間になり、ガスが引き入れられました。農業生産力は大幅に向上し漁業生産が高まり畜産も盛んになってきた時期で食卓はどんどん豊かになっていきました。生活の洋風化も進みましたが、食生活は地域の特徴や、保存や貯蔵の技など自給的な色彩もまだふんだんに残っていました。
●本全集は地域それぞれにある家庭料理の背景、その土地の気候風土、暦の節目にあたる行事やハレの日を解説し、それらにまつわる思い出とともに紹介しています。
●神社仏閣などの有形文化財は保存・保護されていきますが、形の残らない 食文化は時間の経過とともに失なわれていきます。地域ごとの歴史や生活習慣にも思いをはせ、 それらと密接に関わっている食文化について共通認識を持つことで地域コミュニティーも受け継がれていきます。親から子へ、そして孫へと家庭料理を残し、伝え継いでいきたい食文化の記録です。

目次

雑煮・もち
いずし・なれずし
昆布巻き・煮豆
なます・漬物
煮物・煮しめ
魚・汁・寄せ物など

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

たまきら

31
うわあ、お雑煮だ!ドキドキしながら読みました。仲良くなった人、会社の同僚…香川出身の方から聞いたあんこ入りのお餅が入ったお雑煮。北上の友人のお雑煮は宮城に近いんだなあ…と思ったり。角餅と丸餅の境目は調べている人には今までたくさん会いましたが、岐阜県出身の先輩で「うちの村が角餅ラインのギリギリなんだ」と言っていた人が正しかったと知った時の衝撃…。馬鹿扱いしてすいませんでしたセンパイ。どこの村だか聞いておけばよかった。2022/02/10

渡"邉恵'里'

0
2021年刊行。およそ昭和35年~45年に地域に定着していた料理(年末年始)を写真で紹介。由来や食べ方、地域の特性、作り方のコツなどを簡単に書いた文と、作り方もあるので、自宅で再現可能。庶民の暮らしを伝える資料&レシピ本。お雑煮は、実にいろいろあって、特にびっくりした。豪華絢爛なものもあれば、潔すぎるくらいシンプルなものもあった。共通点は「餅」だが、「餅なし」雑煮という面白いものもあった!日本全国で同じものを食べているのではないと、改めて実感。地域や家庭によっていろいろで、楽しい気分になれる本。2024/02/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18830688
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。