地域資源を活かす生活工芸双書<br> 大麻(あさ)

個数:

地域資源を活かす生活工芸双書
大麻(あさ)

  • ウェブストアに16冊在庫がございます。(2019年09月16日 01時52分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 143p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784540171147
  • NDC分類 618.2
  • Cコード C2361

内容説明

本書は、大麻の植物としての特徴、薬物問題と大麻栽培の現状、これまでの日本での大麻利用の歴史を概観します。戦前までの日本各地で栽培・利用されていた歴史を20道県にわたって掘り起こし、栃木県の野州麻の栽培を詳述したあと、大麻の繊維、麻幹(皮を剥いだ大麻の木質部)などの利用をまとめています。忘れられようとしている、日本列島に住む人間の日常生活にかつては恩恵をもたらしていた植物資源大麻に光を当てます。

目次

1章 植物としての大麻(植物としての特徴;日本における産業用大麻の普及のための品種問題―栃木県でのアサの品種開発)
2章 利用の歴史(アサの利用特性;麻利用の歴史 ほか)
3章 各地の麻栽培(日本一のアサの生産地―栃木県(野州麻)
屯田兵の生活を支えたアサ栽培―北海道 ほか)
4章 アサを栽培する(栽培適地;栃木県での栽培)
5章 部位別の利用法(大麻の茎を利用する―精麻・皮麻・麻垢・麻幹;精麻・皮麻―茎の靱皮繊維)

出版社内容情報

植物としての特性、無毒品種とちぎしろの開発、産業用大麻、利用の歴史、オガラ利用の懐炉灰、栃木県のほか屯田兵村の北海道、青森から鹿児島まで全国20道県の大麻の栽培・利用の歴史、栽培法、部位別の利用。 

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件