農文協ブックレット<br> TPPと日本の論点

個数:

農文協ブックレット
TPPと日本の論点

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年11月23日 06時08分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ A5判/ページ数 174p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784540103025
  • NDC分類 678.3
  • Cコード C0061

目次

1 政治、経済、財政、金融、地方自治(色あせた「国民の生活が第一」をいかに立て直すか―「開国」は文明論の次元から考察の積み重ねを;国際競争力より内需創造力―現代「自然な資本投下の順序」論・序説;誠実な経済学者であるならば、TPPに反対しなければならない ほか)
2 医療、食、労働、地域、環境(TPPと日本の医療;日本医師会もTPPに懸念を表明―「日本の医療を守るための国民運動」の展開へ;安全、安心な食とTPPは真っ向から対立する―消費者こそ反対の声を上げなければならないTPP ほか)
3 農業、農村(「強い農業」とは対抗論理の欠落である―世界農業類型からTPPを批判する;日本農業のネックは農地法なのか?―農地法再改正より世代交代支援策を;『農協の大罪』の大罪―山下一仁氏の農業・農協論批判 ほか)