JA総研研究叢書<br> 農山村再生の実践

個数:

JA総研研究叢書
農山村再生の実践

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 290p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784540101625
  • NDC分類 611.921
  • Cコード C1061

内容説明

農山村の現場で着実に生まれ始めた地域再生への数々の取組みと政策当局の現場で重視され始めた様々な政策を分析し、それが持続する諸条件を浮き彫りにし、農山村と地方全体の再生の戦略的実践方向を提案。それは、地方都市の再生に応用できるものも少なくないことを明らかにする。

目次

今なぜ、農山村再生か―本書の課題
第1部 新しい農山村コミュニティの創成(新たな農山村コミュニティの実態と性格;地域共同売店の実態と持続可能性)
第2部 農山村における新しい産業の構築(地域農業・農村の「6次産業化」とその新展開;高齢者による「小さな経済」の効果とその条件―「小さな経済循環」形成の必要性;「交流産業」の形成条件;新しい地域産業の形成プロセス―何から始め、どのようにステップアップするべきか)
第3部 農山村支援政策の新展開(農山村再生策の新展開;人材支援と人材形成の条件と課題―「補助金から補助人へ」の意義を考える;集落・地域を対象とした農林水産政策の展開動向と課題―各種の交付金制度に注目して)
第4部 農山村再生の展望とJAの可能性(農山村再生の展望と論点;農山村再生とJAの可能性)

著者紹介

小田切徳美[オダギリトクミ]
1959年、神奈川県生まれ。1988年、東京大学大学院博士課程単位取得退学。明治大学農学部教授。明治大学農山村政策研究所代表。農学博士。関心分野:農政学、農村政策論、地域ガバナンス論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)